「付き合おう」という恋人契約は現代日本だけかも、と2月16日の日記

※この文章だけ単品で100円で買えますが、300円(ペットボトル2本分)でこのマガジンを購入すると、1ヶ月30本くらい読めるので1本10円です。そちらがお得です。

前からずっと気になっていた「付き合おう」という言葉の契約問題、やっぱりフェル先生も、「そんな言葉、言う必要ない」とcakesで答えているんです。

ちなみにフェル先生は、「いつから恋人か?」という問いに「キスをしたときから恋人で良いんじゃないか」というようなことを答えています。

いや、ほんと、昔はそうだったと思うんです。

僕がこの「付き合おうって言わないと、いくらデートやセックスをしても、セフレ関係問題」に初めて気がついたのは、AMで「セフレ問題について取材をしたい」って言われた時です。

この続きをみるには

この続き:1,810文字/画像2枚
記事を購入する

「付き合おう」という恋人契約は現代日本だけかも、と2月16日の日記

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
109

林伸次

bar bossa林伸次の毎日更新日記と表では書けない話

読んだ本、買ったレコード、食べたもの、妻が作ってくれた料理、会った人との話、思いついたこと、街で見かけたこと、時事ネタ、そしてちょっと表では書けない話を毎日、1000字くらい書きます。