SNSでの宣伝と、はあちゅうさんの記事のこと

突然ですが、あなたの作品売れてますか? あなたが担当している商品売れてますか? あなたのお店入ってますか?

結構自信のある良いもののはずなのに、どうも数字が伸びないということありますよね。

それに比べて他のあれは同じレベルのはずなのにどうしてあんなに売れているの? って思うことよくありますよね。

やっぱり一番の原因は「その商品やお店の存在や良いということを世間に認知されていないこと」だったりしますよね。いくらすごいものを作っても、いくら良いお店でも、知ってもらわないとお客様は動いてくれないです。

それでみんないろんなメディアに広告を出したり、リアル店舗なら商品の見せ方を考えたり、お店だったら看板を考えたりしているのだとは思いますが、「SNSを使うと効果がある」というのはみんな知っていることだと思います。

某お菓子メーカーの方に聞いた話では、「今はとにかくSNSが一番宣伝効果がある」のだそうです。

まあそんなこと僕が説明しなくてももちろんみんなわかっていますよね。広告で「すごく美味しいです」って言ってても「ふーん」としか思わないけど、知人のすごいグルメな人が「美味しかった」ってSNSで発言していたらすぐに動きます。

そこまではみんなわかっているんです。でもあなた、SNSでは普通に「今度、こんな商品が出ます」とか「お店の新しいメニューです」とかって感じで普通に告知して終わりですよね。SNSでフォローしてくれていても、実際に動いてくれるお客さまって少ないです。逆に自分の立場ならそんな告知ですぐには動かないですよね。

しかし、はあちゅうさん、こういう風にSNSを使っているんです。たぶん「普通、みんながどういう風にSNSを使うのか」というのをすごく考えているんだと思います。この記事、有料で600円必要なのですが、これすぐに実行すれば600円どころか何万円何十万円の価値がある情報でした。

→あらゆる場所に宣伝材料をまくということhttps://note.mu/ha_chu/n/n91236c122f4b

何か作品をつくっている人はもちろん、お店の方も入り口の看板やメニューでこのアイディアそのまま利用できます(詳しいことは、はあちゅうさんの有料記事のネタバレなので書けません。ごめんなさい)。お客様が増えること間違いなしだと思います。

今、僕は「毎日、渋谷の入ったことのないお店でランチを食べる」ということをやってまして、やっぱり「入ったことのないお店」って初めて入るのにすごくハードルが高いんです。

同様に、知らない作家の本や、知らないアーティストの作品、知らないブランドの商品を初めて買うときってかなり心理的なハードルが高いと思います。

でも、「SNSで誰かが生の声でオススメしていたら」、僕たちは、かなり心理的負担がなく、お店に入ったり、その商品を買ったり出来ます。

そして、このはあちゅうさんの記事はSNSを使ってこんな風に「自分の作品のことを好きになってくれている人と繋がれるんだ」ということがわかりました。

なんだか「はあちゅうさんの記事の宣伝記事」になってしまいましたが、確かにこれは有料にした方が良いなあ、みんなが無料で読んで真似されたら困るよなあと思いました。

 ※

ところで、堀江貴文さんの『99%の会社はいらない』という本を読んでいて、こんな文章をみつけました。

キングコング西野さんの言葉なのですが、「僕は自分のことを好きな人の数しかカウントしない。自分のことを好きな人と嫌いな人の割合が1対9だとしたら、その割合なんて変えなくていい。あとは声を大きくして、声の届く範囲を広げるようにする。すると、1000万人を相手にした場合、100万人が自分のことを好きだと言ってくれる。嫌われることを恐れて小さい声しかあげていなかったら、結局少ない人しか僕のことを好きになってくれない」というものです。

これまた「なるほど」ですよね。当然といえば当然なのですが、「自分の作品や商品やお店を好きな人をとにかく増やせば良い」んですよね。嫌いな人が増えるとまあやっぱり落ち込むけど、でも「好きな人」を増やすのが一番だし、そうするには「ちゃんと宣伝しないといけない」ですよね。

あなたの作品やあなたの商品、あなたのお店を「好きだ」って感じてくれている人、実はたくさんいると思うんです。その人たちの「商品やお店への感想」をSNSで拡散してもらえる方法、色々とあります。またまた宣伝になってしまいますが、はあちゅうさんのこの記事、参考になります。著者さん以外に、編集者さんや広報の方も是非!

#コラム

僕のcakesの連載をまとめた恋愛本でてます。「ワイングラスのむこう側」http://goo.gl/P2k1VA

この記事は投げ銭制です。この後、オマケで僕のちょっとした個人的なことをすごく短く書いています(ほんと大したこと書いてません)。今日は「インターネットってあまり使わないけど」です。

この続きをみるには

この続き:183文字

SNSでの宣伝と、はあちゅうさんの記事のこと

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
112

林伸次

渋谷でボサノヴァとワインのバーをやってます。http://www.barbossa.com/  『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』https://goo.gl/u2Guu1 韓国人ジノンさんとのブログhttps://goo.gl/B9MH6n

また読みたいnote

4つ のマガジンに含まれています