サザエさんに携帯電話が出てこないことについて

サザエさんに携帯電話が出てこないのって有名ですよね。

どうしてなんだろう、出せばいいのにって僕は常々思っていまして。サザエさんに携帯電話が登場したら何が不都合なんだろうって思いますよね。

マスオさんが、飲み屋から携帯電話で「サザエ、さっきノリスケくんと偶然会っちゃって、今日は晩ご飯は良いよ」って連絡取るのが不自然だからでしょうか。

あるいはそのシーンも、今なら「LINEで『さっきノリスケくんと偶然会っちゃって~』って送る」はずですよね。マスオさんがLINEを送っている「絵」がサザエさん的世界じゃないからでしょうか。

理由はそれですよね。例えばカツオが「姉さん、スマホ借りて良い?」って言って、サザエが「カツオ、この間、変なサイトを見てたでしょ」って答える世界がやっぱり「違うんじゃないかなあ」って制作サイドも、僕らも思っているから出てこないんですよね。

たぶんドラえもんにも携帯電話やインターネットは出てこないですよね。

それってやっぱり「のび太が昭和の男の子」で、漠然と「未来はもっともっと便利になって、素晴らしい世界になっている」と信じているという設定だからだと思うんです。

           ※

そういう「設定をどの辺りにするか」って新しく作品を書く人にとってはすごく悩みどころなんじゃないかなって想像します。

「設定は『今』にすれば良いじゃない」って思うかもしれませんが、例えば「ポケベル」って一時期すごく流行ったんですね。

ちなみに僕はもう大人になっていたので、ポケベルは触ったことありません。

さらに、今10代の人にとっても「ポケベルで連絡をとるという設定」って「???」ですよね。

今後、こういう状況ってすごく増えてくると思うんです。

「mixiのあしあと」とか「MDを作ってあげる」とか、「???」ってこと、すごく今でもあるし、「FBの友達申請」っていう話をマンガや小説の中に描き込んでしまっても、10年後どうなっているかよくわからないですよね。

でも、今、作品を書こうとしたら、やっぱり登場人物は「連絡をとらなきゃいけない」わけで、そしたら「LINEで連絡をとる」のが一番自然ですよね。

僕はチェックしていないのですが、「リアルな現代のマンガや小説やドラマ」って、LINEを使ってるんでしょうか?

だいたい「スマホ」でさえも、10年後には同じ形で存在していないかもしれないですよね。

こういうスピードが速すぎる時代って、どうやって描いたら良いのか、多くの作家は悩んでいそうです。

          ※

だからでしょうか。ドラゴンボールとかワンピースみたいな「ここではない別の世界」の方が今は「古典」になりやすいのでしょうか。

普通の男の子や女の子が学校に行きながら、給食を食べたり、夏休みがあったりして、そこで起こる物語ってもう難しいのでしょうか。

僕は好きなんですけどねえ。夏休みに好きな女の子の家の前まで行って、ただただぼんやりと見つめるなんて設定の話。

でも今だとその女の子のインスタグラムとかをスマホで見て、「ああ、まだ更新されてないなあ」とか「今、一緒にいる友達って誰だろう?」ってクヨクヨする感じでしょうか。まあそこにはそこにまた「切なさ」はあるとは思うのですが。

僕のcakesの連載をまとめた恋愛本でてます。「ワイングラスのむこう側」http://goo.gl/P2k1VA

この記事は投げ銭制です。この後、オマケで僕のちょっとした個人的なことをすごく短く書いています。今日は「45歳以上で、テレビで観るとうわー好きだなあと思う女性タレントベスト3」です(ネタがなくなってきた感…)。     

この続きをみるには

この続き:158文字

サザエさんに携帯電話が出てこないことについて

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
64

林伸次