「どちらかが既婚で、異性1対1のディナーはアリですか?」に答えました。

※水曜日は質問に答えています。

【質問】
林さんと同い年のシングルマザーです。
とある事情で、元同僚(既婚男性) に1対1で初めてディナーをご馳走になりました。 お互いに飲めないので純粋に食事と会話を楽しんだのですが、大いに盛りあがって、また行きましょうとなりました。
私の中のコンプライアンスでは「既婚男性と1対1で夕食はNG」 (他所の家庭不和の原因になりたくないから)だったのですが、 2回目も誘われいそいそと行ってしまいました。
今のところ恋愛感情は一切ありませんが、男女の関係に絶対はないので、今後自分と相手の感情の変化が少し心配です。

そこで質問です。 林さんは結婚されていますが異性と1対1のディナーは「あり」 ですか?
また、お店に来るどちらかが既婚者のペア見てどう思われますか?

【答え】
僕はどちらかが既婚者でも「異性と1対1のディナーはあり」と考えています。

だって「恋愛に進む可能性」って、食事だけじゃなく、どんな時でもありますよね。

例えば、異性の知人に偶然、電車の中で会ったとして、数駅の区間だけ、楽しく話して、それで恋に落ちることってありそうです。

あるいは、よく行くお店の店員に恋をしてしまうなんてこともありそうです。

あるいは一度パーティで会って、その後、SNSでやりとりするようになっただけで、「ほとんど恋」みたいなこともあると思います。

だから、「1対1で食事は絶対に恋愛に繋がるのでダメ!」とは思いません。

お互い「好意以上のほのかな気持ち」みたいなものはあるのだけど、そういう素振りは全く見せずに、大人として「ただ普通に楽しいお食事と会話を楽しむ」っていうのって、僕はアリだと思います。

なんでもかんでも「すぐにセックス」に繋げようとする若者たちより、「大人の節度ある関係」としてすごく贅沢な時間なのではないでしょうか。

ところで質問は僕のことでしょうか?

でしたら僕は異性と1対1で食事には行きません。理由は「そんな時間がないから」です。

僕は毎晩、バーでいるし、休日は妻と一緒にいるから、まず誰かと夜に食事には行けません(先日、1年に1回くらいで、男性の友人と行きましたが)。

でも、誰かに誘われて、妻に「行っても良い?」って聞いて、OKが出たら行くかもしれません。

 ※

さて、もう一つの質問で「どちらかが既婚者のペアをどう思う?」ですが、「仕事で打ち合わせもかねてちょっと飲む」っていうパターンが一番多いのではと思います。

例えば編集者と著者とか、今度企画しているイベントのことを詳しい人に相談とか、一緒にやってた仕事が終わって打ち上げとか、そういう「飲み」ってすごくありますよね。男女だけど、間に「お仕事」という大きい壁が立ちふさがっている関係って世の中にはすごく多いのではないでしょうか。

貴女のような、ちょっとした「仲の良い二人」っていうのも多いとは思います。でもこれももちろんほとんどが、「まさか絶対に恋愛関係には進もうとは思っていない」というパターンなのではないでしょうか。

そんなみんながみんな不倫とかセックスとかしていたら世の中、大変ですよね。

 ※

さて、貴女が心配するように、「今後の貴女と彼の感情が変化して、恋愛感情が生まれてくる可能性」って充分にありえますよね。

仕事じゃないのに、何度も大人の異性が1対1で夜に食事をすると、たぶん、そういう風な気持ちってモヤモヤと浮かび上がってくる可能性ってあると思います。

でも、一切そういう素振りは見せずに、楽しく食事と会話を楽しむのって、僕はアリだと思います。

そういう「恋みたいなの」が、貴女の心に出てきて、「いやいや、ダメでしょ」とか思い直すのって、ちょっと切なくて楽しいですしね。

そして、そういう「心の揺れ」みたいなのをたまに経験していると、人って魅力的になると思います。よく「恋すると綺麗になる」って言いますよね。

そうこうしていると、貴女の魅力に気がつく独身男性が出てきて、それで「本当の恋」が始まるかもしれないですよ。

その男性とは「そういう風にはならない」と決めて、大人の節度ある関係で、まあ「次へのステップ」みたいな気持ちで、軽くお食事だけっていうのでいいのではと思いました。

これからの人生、お幸せに!

#コラム

※質問受け付けております。makijobim★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)にメールしてください。質問の文章に個人情報をたくさん書かれる方がたまにいらっしゃいますが、「コピペして公開可能な文章」でお願いいたします。長文だと読者が読まないことがあるので、出来れば500字以内でお願いします。

色んな質問に答えた本が出来ました。『ちょっと困っている貴女へ バーのマスターからの47の返信』 https://goo.gl/dZ32IW 立ち読みできます!
https://goo.gl/Q6mRvL

bar bossaに行ってみたいと思ってくれている方に「bar bossaってこんなお店です」という文章を書きました。→ https://note.mu/bar_bossa/n/n1fd988c2dfeb

この記事は投げ銭制です。この後、オマケで僕のちょっとした個人的なことをすごく短く書いています(大したこと書いてません)。今日は「お店の花壇に蜂が」です。

この続きをみるには

この続き:109文字

「どちらかが既婚で、異性1対1のディナーはアリですか?」に答えました。

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
63

林伸次

また読みたいnote

1つのマガジンに含まれています