荷物を入れるカゴの出現で考える飲食店のマナー、と4月28日の日記

5年くらい前からでしょうか。お客様が、「この鞄、どこに置けば良いですか?」って僕に聞くようになったんです。

僕はこの仕事をずっとやってきて、そういうことってそれまで一度も言われなかったんですね。

大きい荷物なら「これ預かってもらえますか?」って入り口で伝える。小さい鞄なら「背中と椅子の背もたれの間に置く。あるいは膝の上に置く」。大きい鞄やリュックなら「床に置く」っていうのが普通だと思ってたんです。

でも、10年くらい前から「荷物を入れるカゴ」を用意するお店が増えてきて、5年くらい前には、ほとんどのお店が「カゴ」があるのが当たり前になってしまったんです(これまたたぶん日本だけの風習のような気がしますが…)。

こういう世の中の流れってどうしようもなくて、僕は「まあそれが流行ってるんだったら仕方ない、うちもあわせよう」って感じで従うんです。

それがうちの妻は「あのカゴってほんとダサい」って言うんです。

※この文章だけ単品で100円で買えますが、300円(ペットボトル2本分)でこのマガジンを購入すると、1ヶ月30本くらい読めるので1本10円です。そちらがお得です。

この続きをみるには

この続き:1,976文字/画像1枚
記事を購入する

荷物を入れるカゴの出現で考える飲食店のマナー、と4月28日の日記

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
92

林伸次

bar bossa林伸次の毎日更新日記と表では書けない話

読んだ本、買ったレコード、食べたもの、妻が作ってくれた料理、会った人との話、思いついたこと、街で見かけたこと、時事ネタ、そしてちょっと表では書けない話を毎日、1000字くらい書きます。
2つのマガジンに含まれています