バーバ

地方の田舎町に住む専業主婦です。30年余り勤務し鬱病を発病、病気と寄り添いながら好きな本、映画、音楽などを夫と2人で楽しんでいます。
固定されたノート

これからの私に期待して

私も今までブログという形で、自分の読んだ本、見た映画の感想を記事としてあげています。拙い文章ですが、読んでくださる方も増えて、時折コメントをいただいたりもします...

0

生きているその瞬間を描く

水墨画家としても活躍する砥上裕將氏が、第50回メフィスト賞を受賞し、改題した単行本を読み終えました。 両親を交通事故で失い、喪失感の中にあった大学生の青山霜介は、...

0

百田版「スタンド・バイ・ミー」

百田尚樹氏の3年ぶりに書き下ろされた長編小説を読みました。 勇気――それは人生を切り拓く剣だ。 あれから31年の歳月が流れたが、ぼくが今もどうにか人生の荒波を渡って...

0

あの人に会えたら、何を伝えるだろうか?

重松清氏が、2016年から2018年にかけて雑誌に発表した5つの短編を、単行本化した作品を読みました。 子育て、離婚、定年、介護、家族、友達。人生には、どしゃぶりもあれ...

0

検診で引っかかった?!

実父の家系が全て腫瘍で亡くなっているので、7月から8月にかけて毎年人間ドックを受けます。 最近は持病の薬の副作用もあって肝機能の値が悪いのと、胆管にできている結石...

0

「百の夜は跳ねて」を読んで

古市憲孝氏の小説2冊目にして、芥川賞候補作を読み終えました。 この小説は、決定的に新しい。「令和」時代の文学の扉を開く、渾身の長編小説。「格差ってのは上と下にだ...

0