見出し画像

閉じ込めた人間が許すということ

2004年6月〜8月講談社ノベルス、2007年8月に講談社文庫から刊行され、著者の作家生活15周年ということで、限定愛蔵版として発売された作品を、今回初めて読みました。

本作で著者は第31回メフィスト賞を受賞しています。

       (Amazonから画像をお借りしています)

雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学園祭の最中に死んだ同級生のことを思い出す。でもその顔と名前がわからない。どうして忘れてしまったんだろう―。(「BOOK」データベースより)


舞台は地元で有名な進学校私立青南高校。

センター試験を前にして初雪が降り寒い中、仲の良い同級生男女8人が扉も窓も開かない校舎に閉じ込められてしまいます。

それぞれが自分の過去を振り返っていると、止まったままの時計の時刻5時53分は学園祭の最終日、同級生が自殺してしまった時刻であること、思い出せなくなっていたその同級生の顔と名前が気づくと、ある一人を残して一人づつ姿を変えて消え始めるのです。

背中がゾクゾクするような設定は、猛暑が続く今読む作品としてぴったりで、682頁という長編の世界にすんなりと私を入れてくれました。

集団失踪というホラー&ミステリーといった作品ですが、「いじめ」というキーワードの他に

「閉じ込めた人間が許すこと。それが一つだけ、帰ってくるための必要な方法」p673


「心の内側を閉める」という概念
「精神世界」のルール

この2つが主題だと感じました。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。皆さんの選書に役立ったなら幸いです。

よければ「スキ」を押していただくと嬉しいです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです!
14

バーバ

地方の田舎町に住む専業主婦です。30年余り勤務し鬱病を発病、病気と寄り添いながら好きな本、映画、音楽などを夫と2人で楽しんでいます。

読書備忘録

本を紹介したnoteをまとめています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。