見出し画像

スキでいてください。

スキボタン、押してくれるとうれしいなあ。
媚を売らせてください。
え、ここで金要求します?

きょうはそういうお話です。

ちがいます。


𓆟𓆟𓆟  𓆛𓆜𓆝𓆞𓆟


きょう、最後の授業をいっしょに受けてた
友達とバス停に向かっていたら
なんか話し込みたくなってしまって

つい、いつもと違うバスに乗ってしまった。


彼は、わたしとおなじ軽音サークルの、
おなじ1回生だ。

じぶんのちょっと赤い茶髪を
なぜか「黒髪」と言いはっていて、
お誕生日にもらったらしいピアスを
いつも、いくつもつけてる。
顔がキツネに似てるってよく言われるらしい。
それでお金あったら整形したいんだって。
(わたしはタヌキ顔ってよく言われるから
いい仲間じゃないかって思った。)
わたしからの印象でいえば、人懐っこい人だ。


軽音サークルなのに
音楽の話題はまったくなくて
サークル内の人間関係やら
あのセンパイがスキ!やら
そんな話題ばっかりだったけど、
いつもだったら定期をつかって地下鉄に乗る
キョリすべてをつかってバスを乗りついだ。


話が盛りあがって、
おたがいノリにのってきたところで

「やっぱり媚を売るってだいじだよなあ!」

っていう結論になった。


なったんだけど、
わたしには媚の売り方が分からなかった。


わたしは表ウラがない性格だとおもう。
わるい意味で。
表ウラを使いこなせない
と言ったほうがただしいのかもしれない。


思ったことをその場でちゃんと言える
タイプではないのに、
気に入られるようにふるまいたい
ときは大人しくできない。

言えないのも、はしゃいでしまうのも
わざとではないので
ぜんぶ、緊張したきもちが
素直に表に出た結果なんだとおもう。


相手を褒めようとしたときですら、
自分だけの感性とことばで
物ごとを口走ってしまって
相手に悪い方向に受けとられることがある。

しかも、見た目から受けられる印象より
つかうことばが荒いらしく、
よけいに相手を落ち込まれる。
ごめんね、そんなつもりじゃなかったの!
ってなるけど、あとから修正すればするほど
“さっきは口をすべらせました感”
が増してしまう。


相手の表情は察知できるから、
あ、ティッシュ欲しいんだな、とか
この店はやく出たいんだな、とかは
わりとすぐ気づけるほうなんだけど

ことばってテンポを求められるから
何を言ったら正解なのか迷っているあいだに
あせって自分だけのための
ことばが先にでちゃうんだ。


悪いクセって直らないなあ。
困るなあ。本当は好かれたいのに。


っていう相談をしてみたら、
ノリにのっている彼は
得意げにアドバイスをしてくれた。


「オレはセンパイにしか媚び売らんけど、
とりあえずあらかじめ観察しとくんだよ。
ほかの人と話しているときのようすを
よく見ておくの。

たとえば、□□□さんは
自分のお気に入りのコウハイといるとき、
絶対“かわいい”って言ってる。
だから、オレは□□□さんといる時つねに
かわいいって言われそうな言動を
するようにしているんだ。」


たしかにかわいいって言われてたねキミ。
わたしに対してはかわいくないのに。
意外と策士だったんだね。


ああ、なんか東大生の勉強法をきいたきぶん。
なんかできそう。
やる気だけはみなぎってくる。
実際できるかはしらないけど。
っていうきもち。


でも、そこまで考えて人と接するって
ネットの記事や本の中だけの
話だと思っていたのに

実際うまくやる人が
そうやって次につかうことばを
絞りこんでいたんだって知ると
わたしも学ぼうとして学ばないとなあって
おもうようになった。


東大生だって、カンタンそうで
むずかしいこという人おおいけど、
みんなその努力をしてきたから
そうやって話すんだもんなあ。


なにも意識しなくてもできる人は
器用にできちゃうんだろうし
ずーっと意識してやってたら疲れそうけど。

彼も、同回生にはテキトーらしい。
という発言も何か狙っていたりして。
いやいやいや。


ちなみに彼にも
つかめないセンパイが一人いるらしい。

「■■さんって
やんちゃで、にぎやかで、
サークルの中心メンバーってカンジで
一見誰とでも話せそうなのに
話しかける人選んでいるよね。」

あー、わかる。と、思ってしまった。


そしてわたしはそんな■■センパイに
好かれているらしい。
わたしも自覚がある。
何でかはしらないけど。


意識してでも人にスキになってほしいって
人間みんな、いちどは
考えることなんじゃないかって
おもっているけど

意識していないと
スキでいてくれない人もいる中で
自然体をスキでいてくれる人がいるから
もっとうれしいんだ、ともおもう。


難しいけど、できることなら
人間関係うまくやれる大人に
なっていきたいなあ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしてくれたら、なんと!私がやる気を出します! そして喜びます。

嬉しくて踊っちゃうなー!
12
特徴がないので来世の自己紹介しときます。アイドルです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。