第一回 セクシュアル・ヘルス塾 「大人のための性教育」 -ラブライフアドバイザーOliviA氏-

第一回 セクシュアル・ヘルス塾 「大人のための性教育」

オーガニック セクシュアル・アメニティ・ブランド bda ORGANIC が、セクシュアル・ヘルス塾「大人のための性教育」を、ラブライフアドバイザーOliviAさんを講師に招き開講した。

わたしたちは普段、セックスについてどれだけオープンに話し合うことができているだろうか?まわりをみわたすと、ふざけたセックスの話はできても性にまつわる本当の悩みをうちあけることは実はあまりない。

ラブライフとはいわゆる性生活の総称。「性生活の充実、向上をはかっていくためにはどうしたらいいのか」そんなセクシュアルな悩みや疑問に向きあってくれるのがラブライフアドバイザー。その分野でひろく活躍されているOliviAさんが第一回 セクシュアル・ヘルス塾の講師をつとめた。


 塾では、講師のOliviAさんが普段聞けない性にまつわる悩みや、その解決法をレクチャーしてくれた。

<セックスレスの悩み>
 

ラブライフアドバイザーであるOliviAさんのところに寄せられる悩みのひとつに、セックスレスの問題がある。「以前は中高年の雑誌で取り上げられていたテーマであったのに、今ではこれから結婚しようという人がセックスレスの問題に直面していたり、低年齢化している傾向にあります。ひと言でセックスレスになるといってもさまざまな理由や背景があってのこと」

なかでも、女性と男性の間で性の悩みは違ってくるようです。

<女性のセックスの悩み>


 「女性の場合は相手との関係性にフォーカスしていることが多いです。たとえばオーガズムがわからないという女性の場合。ー 今までの彼女はイケたのに、どうして君はイケないの? ー そう彼に言われ私のところに相談にくるというケースが多かったですね。
 自発的にオーガズムを感じてみたいというよりは、彼に嫌われたくないとか、彼との関係性をよくするためにオーガズムを感じてみたいなど。純粋な性的な欲求ではない、相手ありきの悩みというのが多いんです。そういう意味でも女性の場合は関係性にフォーカスする傾向があると言えます」

<男性のセックスの悩み>


 「男性の悩みの多くはパフォーマンスに関するものが多いです。たとえば、男性機能の低下、膣の中でイケない、逆に早くイってしまうとか。女性を満足させられないことを恥ずかしいと思ったり、射精をして最後までセックスを遂行できないことを悩んだり。自分の性機能への不安から女性を喜ばせることができていないのではないか。というところにフォーカスしている方が男性のセックスの悩みとして実に多い」

<セックスレスの要因>


 「セックスは男性が女性に欲情して男性がリードするもの」という価値観がセックスレスの原因の一つではないか、と警笛を鳴らすOliviAさん。
 「いろんな価値観がうまれてきているとはいえ、まだこの傾向が強いと感じます。お悩みを聞いていると女性の方は“彼を虜にする”という表現が多く、それはつまりー 彼に性的な存在として認めてもらってこそ女性としてのアイデンティティが満たされる ー というすり込みがまだまだあるように思います」
 さらには「女性は、誘われてからセックスをするという傾向が強いと、セックスレスになったときに自分から誘えないんですよね。自分から誘うのが恥ずかしいとか、はしたないとか、プライドが許さない...。そういった女性側の受け身の姿勢も、セックスレスを作る要因の一つかもしれない」と指摘する。

<セックスレスを打破していくには>


 <心・技・体>3つの側面からOliviAさんよりアドバイス。


 <心>
 まず、女性が性にオープンであることはとても大切なことだと思っています。ただ、そこに “はしたない” などといった認知の歪みや思い込みがあるようであれば、それらをはずしていくことからはじめます。
 「あなたは自分のして欲しいことや、して欲しくないことを、きちんとパートナーとコミュニケーションできていますか?」たとえばセックスに性交痛が伴う際、潤滑ジェルを使用して欲しいなと感じたとします。それをどのようにパートナーに伝えたらいいのか。また、潤滑ジェルなどはどんなタイミングで、どのように使ったらいいのか。そういった具体的な悩みにも、いかにパートナーにアプローチしていくかを含めアドバイスしています。

<技>
 ラブライフカウンセリングでは、心理療法だけでなく、確実に気持ちよくなるテクニックや体位という“テクニカル”な部分もあります。たとえば、テクニックにたけてる女性はセックスに慣れているような、玄人イメージが先行してしまうかもしれませんが、ラブライフにおける問題解決には、二人が心地よくなるための、テクニックをみつけていくことがとても大切なことです。恥ずかしがらず、気持ちよさ、心地よさと向き合うことをOliviAさんはアドバイスしています。

<体>
 体については「自分が快感を感じるための体の準備ができていますか?」と問いかけるようにしています。オーガズムがわからないという女性に話を聞いていくと、自分で一人でマスターベーションしたことがないという方もいらっしゃるんですね。自分でオーガズムを感じたことがない方が彼とのセックスでオーガズムを感じたい、彼にオーガズムを与えられたい、と受け身でいる場合。その姿勢では、なかなかオーガズムを知ることは難しい、とお伝えしています。まずは自分の体と、セクシュアリティと、向き合うところからはじめてみませんか?

<セルフプレジャー>


 気持ちいいセックスの第一歩としておすすめしたいのが、セルフプレジャーという世界。新しい言葉が誕生するときには、古い価値観も払拭されるようなイメージがありますが、それはつまり、外陰部のマッサージをふくめたいわゆるマスターベーションのことをいいます。
 まずOliviAさんがおすすめしたいアクションは、バスルームでトレーニングをかねてしっかりと触って洗ってみること。最初から女性外陰部を触りにくい方は、ショーツの上からでもいいので、とご提案しています。触ることに抵抗がなくなったらステップ2として、バスルームなどで鏡をつかって自己観察することをおすすめします。そうやって自己観察しながら触ってみることで心理的な抵抗感をなくしていくことも、肉体的な満足をえるためのトレーニングになります。


<オーガズム>


 「性のことを研究しはじめた20年前は、イクということ自体がわからないという相談が多かったのですが、最近は、イクというのにもヒエラルキーができていると感じています」と、OliviAさん。
 オーガズムの中には“外イキ”と“中イキ”とよばれるものがある。クリトリスなど、女性の外陰部でオーガズムを感じるのが“外イキ”。膣の中の部分でオーガズムを感じるのが“中イキ”となる。
 たとえば、ひとりではイケるけど彼とのセックスでイケないという場合、外イキはできるけど、中イキができない、ということになり、最近ではセックスの悩みも細分化してきている。
 そのなかで「彼を虜にするためには?というマインドで、他の人と自分をくらべてしまい、自分はどうしてイケないんだろう?と自分自身を責めたり、自分は劣っているのではないかと自信を失ってしまう方が多いが、そうではない」とOliviAさんは言う。

<充実したセクシュアルライフをおくるために>


 「セックスにおいて心地よさを感じ、オーガズムを得ていくためには、体も心も両方のスイッチが入る必要がある。性感帯だからとクリトリスだけマッサージしても快感がえられるのか?というとそれだけではダメで、脳のスイッチが入らないと快感にはつながっていかないと思うのです。触り方や、シチュエーション、心地いい状態は?など、自分の体と心を把握するのも大事なこと。偏見や恥ずかしさが壁となって自分の欲望をしっかりと見つめないと、自分自身とも、相手ともかみあってこない。自分で自分の体のことをまったく知らなかったら、男性がどうやって女性の体のことがわかるのでしょう? パートナーに伝えなきゃわからない。セックスの場面で”以心伝心”はむずかしい」と、日頃からOliviAさんはアドバイスしているそう。
 
 自分がしてほしいことをまず見つけて、それを相手に伝えるのが大切。
セックスの場面でコミュニケーションをとるのはなかなかハードルが高いような気がしてしまうが、女性と男性、体の構造が違う相手に“察してください”というのは無理な世界。充実したラブライフをおくるためには、自分のセクシュアリティに向きあい、相手に橋をかけて、自分の希望を相手に伝えていくことが、円満なラブライフの鍵となりそうです。


写真左 bda ORGANIC をプロデュースする スパイス・アンリミテッド 鈴木 美樹氏

写真右 ラブライブ アドバイザー OliviA氏




OliviA(オリビア)

1980年生まれ。
ラブライフアドバイザー
学生時代に海外留学を経て、性に関する研究調査を開始。「女性のマスターベーション」をテーマに大学の卒業論文を執筆。
2007年より日本では珍しい性生活の総合アドバイザーとして活動。テレビ・雑誌など国内外のメディアに多数出演。
日本と台湾での書籍出版、サロン・スクール運営など、多方面で「女性がごきげんになるためのセックス」の情報発信を行う。




私。荻野 月子、39歳。独身。 かれこれどのくらいセックスしていないんだろう? bda ORGANIC presents ”セクシュアル・ヘルス通信”では、セックスにまつわるさまざまなトピックスをお届けします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。