見出し画像

獅子座女子の恋愛・セックス

「何が聞きたい?」

目の前のシルクガウンを羽織った女性が私に問いかける。
濃いめの化粧がエキゾチックで年齢がよめない。

ここは地中海をおもわせる渋谷の小さなカフェ。
今日は“ホロスコープのリーディングセッション”をしてもらいに来ていた。
他にお客さんはいないから、いわゆる貸切状態だ。


「恋愛ね。それとセックスでしょう?」


私の顔をマジマジと見つめたまま女性が続ける。
「あなた一途ね。それも、思い出をだいぶしまいこんでるわね」


そう言って、生年月日からホロスコープをわりだしている。

「あなたの場合。太陽、月、水星、木星、金星って、獅子座のステリウムよ。
THE獅子座の女!って感じで、だいぶ派手ね。
獅子座は本来、感動してなんぼ! みたいなところがあって
とにかく派手なドラマが好きなんだけど、それを恋愛で繰り広げると大変。
振り回したり、振り回されたり、派手なたちまわりで
傷になったりすると、なかなか次の恋にいけなくなるから。
しかもあなたの場合、火星が蟹座で手数は多くないから引きずると長いわよ」

たしかに、私が聞きたいのは恋愛のことだ。

だって、かれこれ10年も彼がいない......。
いい加減、ちゃんと彼氏が欲しかった。
だけど、一歩踏み出せないでいる自分がもどかしかった。

「セックスっていうのは、金星と火星、リリスでみるの。
あなたの場合金星が獅子座なのね。成熟してない獅子座金星は、
お姫様扱いされたい、ちやほやされたいって傾向があるのね。
しかも月も獅子座だから、楽しいこと悲しいことすべて含めて
感情が突き動かされるようなドラマティックな経験をしたいと望んでいるのよ。
お姫様みたいに、どこまでも優雅で感動的な経験をしたい。

それを一度満たしてくれた相手、たとえば、最初の彼氏が完璧な王子様役を演じてくれたりすると、執着してしまう傾向があるわね。

それから、実際の行動パターンである火星が蟹座ってことは
本当のところは、ハートでつながるセックスがしたいわけ。

ところが、水星も獅子座だから、表現もツンデレになってしまう。
だけど、ハートでつながりたい。

うまく表現できずに、自分のハートがひらけなくて、
相手とこころがつながらないまま、肉体だけのセックスをしてしまうと
体も閉じてしまうってことがあるのよ」

まさにそれは、私のセックスのパターンだった。

「体とこころってね、密接につながっているのよ。
思い出が恋人になっちゃってるけど、そのままにしておきたいかしら?」


そう、問われると
彼を超える男なんてもういないって
どこかで思っていた気がする.......。


「それとも、新しいパートナーが欲しい?」

新しいパートナー???
欲しいぃぃぃぃぃ〜〜〜〜!!!


私は、二つ返事で首をたてにふった。


「それを受け取るにはスペースが必要なの。
あなたの体に残っている思い出が、ブロックになってるみたい」

「解放してもいいかしら?」


女性は遠慮なく、私の左の大胸筋のあたりにぐっと、指をさした。


「このあたりね」


ちょっと、痛いかも。

そう思ったとたん、
彼との思い出が一気にフラッシュバックしてくる。

彼は、私にとって完璧な彼だった。
19歳でできたはじめての彼氏。
大学で2年先輩だった彼は、私の青春をすべてささげた相手だった。
はじめて体験する彼氏との楽しいひととき。
もちろん、はじめてのセックスも彼とだった。

「いい思い出もね、溜め込みすぎると次のさまたげになるの」

不思議なことに
忘れていたすべての記憶がつぎつぎと湧いてとめどなく涙があふれた。


私、悲しかったのかな???
まだまだこの思い出を大事にしておきたかったのかな。


涙がおさまると
凝りかたまっていた何かが流れたのか、すっきりとしていた。


「もう一人、いるわね」
「その人、セックスのブロックになっていそうだけど。
それも、この機会にとりはらってしまおうか?」

「はい」

何がおきているのかわからないけど、
ブロックがあるならば、どんどん解放していきたい気分だ。

今度は
みぞおちのあたりを指でおさえられた。
ぎゅっと、つかまれるような痛みとともに汗がでてくる。

すると
ただちに別の男の顔がフラッシュバックして、
めちゃくちゃ好きになってしまった“あの男”の顔が浮かんだ。

気持ちだけがからまわりして、体がおいつかなかったセックス。

モテる彼に、どうしたらふりむいてもらえるの?

モテる彼を、どうやって夢中にさせたらよいの?


いつも不安がいりまじって、言いたいことがほとんど言えなかった。

私の体からは汗がふきだしている。

「だいぶ、怒っていたわね」

そう言われてみれば、そうかもしれない。


セックスだけのような関係でありながら、
そのセックスは、私にとってぜんぜんよくなかった。

というか、そもそも私はオーガズムを知らない。

自分自身へのもどかしさ?
うまくいかないセックスへの怒り?
ふきだす汗がとまらない。

それから彼女は、言った。

「けっこう珍しいんだけど。あなた、シャーマンセックスをしていた過去生があるわね」

「それ、あなたのギフトよ」

その言葉とともに、1時間のセッションはあっという間に終わってしまった。




私。荻野 月子、39歳。独身。 かれこれどのくらいセックスしていないんだろう? bda ORGANIC presents ”セクシュアル・ヘルス通信”では、セックスにまつわるさまざまなトピックスをお届けします。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

bda ORGANIC "セクシュアル・ヘルス通信"

私。荻野 月子、39歳。独身。 かれこれどのくらいセックスしていないんだろう? bda ORGANIC presents ”セクシュアル・ヘルス通信”では、セックスにまつわるさまざまなトピックスをお届けします。 https://www.bdaorganic.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。