「男性の人格においてモテ・非モテを分けるのは暴力性である」に対する補遺

「お前が非モテなのは顔でも金のせいでもなく人格のせい!」←では逆にモテる人格とは?

 ↑この記事をアップロードしてから様々な反響があった。その中には「そんな事はない!」と主張する見解もあり、Twitterでは何故か2019年9月11日現在に至るまで、定期的に話題になっている。その為、当該記事を捕捉する記事を書くことにしたが、その前に大前提として「人間は性愛において他者によく思われようと見栄を張ったり、未認識のバイアスにより自身でも何処に惹かれているか自覚出来ない為、主観での発言は本心とは異なるものが出てしまう」ということを改めて説明しようと思う。

 米国で2018年に「性差別的な男性は嫌だ!自分は男女平等的な態度を示す男性を支持する」と主張するフェミニストは実際に男女平等的な態度をとる男性を嗜好しているか?を調査した研究がある。当初は本人の申告通り、女性達は本人が自己申告するフェミニスト度(男女は平等であるべきという信念)が高いほど「男女平等的な態度をとる男性」を志向すると思われていたが、実際はフェミニスト度が高いほど性差別的な男性に魅力を感じていたことが明らかになった。このように、人間は性愛において主観における自己認識は客観的現実と符号するとは限らないのだ。
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1090513804000546
(こうした研究は無数にある。前記事でも「インターネットでは非モテになる男性に対して「女性に対する思いやりが少なく、人間として見ずにモノ扱いし、サポートする気もない」と言われがちであるが、こうした言論とは逆に1つの観察研究と2つの実験研究の3つの研究を分析した結果、「男性は女性の思いやりや人間性を見てくれるところやサポート気質に対して魅力を感じるが、逆に女性は性的嫌悪を覚える」とする調査」をあげたhttps://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0146167214543879)

 その上で前記事に寄せられた反論に対する形で補遺を加える。

Q:暴力性を有する男性がモテるというより、「暴力的に振る舞っても許される強い立場の男性がモテる」というだけではないのか?

A:前記事で取り上げた「イジメっ子はモテる」研究は、イジメを行う当事者の年齢・魅力・好感度などを考慮したうえで「イジメ行動は他の要因とは無関係に思春期の男性の交尾の成功を増加させる」と結論付けたものである。この考慮や分析に対する不備は私には感じられなかった。また「弱い立場、あるいは許されない立場の人間でも暴力性によりモテることがある」を示唆する研究としては、英国において犯罪行動に従事する男性は全体として父親の10%の割合を占めているが、男性が26歳までに生まれた子供の27%を占めている事が判明した調査などがある。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12625439

Q:所謂「非モテ」が暴力的に振る舞ったとしてもモテるわけはない

A:恐らく非モテが暴力的に振る舞ったところで「イキリオタク」と揶揄されるだけであるとは自分も思うが、しかしながら恋愛工学ないしPUAによって洗練された暴力性ないし男性的な振る舞いを身に着けてモテるようになった非モテは多数観測出来る。またこれも定量的な調査はないが、先進国において男性の凶悪犯にはラブレターが殺到する現象があるが、インセルも銃乱射やテロ予告まで行くとラブレターが送られるようになる現象がある。
(余談だが、私がTwitter経由でコスプレイヤーと会うと、必ずTwitterでイキッてる同人作家達とオフパコした話をその作家達の××写真付きで話される(N=9)。イキリオタク、実は滅茶苦茶モテてるのでは!?もっとも、それよりも「猿山のボス」効果の方が大きそうだと個人的には思っている)
https://www.sfgate.com/news/article/No-shortage-of-women-who-dream-of-snaring-a-2689657.php

Q:男性の暴力性がモテに繋がるのは思春期だけでの話ではないのか?

A:スウェーデンの全人口調査においても有罪判決を受けた犯罪者は、刑事犯罪で有罪判決を受けたことのない個人よりも多くの子供を抱えており、犯罪者はまた繁殖パートナーが多い傾向があったという。同研究では現代の先進国では年齢によらず犯罪的および反社会的行動が男性の繁殖戦略の成功に寄与しており、女性の性的パートナーと出産につながると結論付けられている。
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1090513814000774

Q:男性の暴力性がモテに繋がるというが、それは異性に対するアプローチの積極性や試行回数の問題ではないのか?

A:他者にアプローチするという行為自体が、ある意味で他者の領域に侵入を試みる振る舞いであり、加害可能性ないし攻撃性を有するものであると考える。また別の視点として、先に挙げた凶悪犯にラブレターが殺到する現象などは積極性や試行回数では説明がつかない。

Q:暴力的な男性がモテるというのであれば、例えばサイコパスみたいな思い遣りや常識に乏しい男性でもモテるというのか?

A:米国調査では殺人やレイプの既往歴があり、反社会的人格障害または性的サディズムの診断を受けた入院男性は精神病院の女性スタッフと39%の割合で合意セックスをするが、そうでない入院男性が精神病院の女性スタッフを合意セックスした割合0%だったという調査がある。
https://pdfs.semanticscholar.org/9c55/a8cae3c8a5d238002a261fec643f767d1126.pdf

Q:暴力的な男性がモテるというが、そのような男性になりたいのか?あるいはそれに惹かれる女性にモテたいのか?

A:興味深い話ではあるが、「男性の人格においてモテ・非モテを分けるのは暴力性である」の正否とは全く無関係の話である


 また反論に対する補遺ではなく、東夷の倭人さんに指摘されて気付いた話ではあるが、暴力性とモテに関しては直感的に分かりやすい研究がある。男性の顔付きとモテの研究において、「女性はテストスロン値が高く性的2形がハッキリした危険性(Enemy)を感じる男性ほど性的魅力を感じ、テストスロン値が低く性的2形が曖昧で危険性を感じない(Friend)顔つきの男性には性的魅力を感じない」という結果がでた。これは非常に分かりやすい暴力性とモテの相関ではないだろうか?
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1364661305003207

画像1

 またこれも反論に対する補遺ではないが、先進国において暴力性を有する男性は結婚が短期間になる傾向があるが、進化心理学においては「これは適応の結果である」と言われている。というのも、先進国は概ね男性未婚者の増加と比してシングマザーの増加や育児支援が拡充されており、換言すれば疑似的な1夫多妻制国家に向かっている傾向があるのだ。これは日本も例外ではない。荒川和久氏の研究によれば、
>再婚数を同じタームで比較すると、1972年の12万件から、2015年の17万件と、1.4倍になっています。婚姻全体に占める再婚の割合も、11%から27%へとほぼ3倍に増えています。言ってみれば、日本の婚姻数は、再婚者によって支えられているわけです。なお、再婚数が増えているのは当然離婚数が増えているからです。
(引用元:https://toyokeizai.net/articles/-/173229?page=2)
こうした社会においては男性が純粋に「より多く子供を作る」のみを目標にした場合、短期間で結婚・離婚を繰り返すのが最適解になるというのだ。

 最後になるが、私は「モテたければ暴力を振るえ!」と主張してはいないし、それに関しては「実際に暴力的振る舞い(テロ予告や銃乱射など)でモテた欧米のインセル達は誰1人幸せそうには見えない」という理由から反対している。あくまで「男性の人格においてモテ・非モテを分けるのは暴力性である」という話をしているに過ぎない。

 そしてこの話に対して「非モテ達の僻み!公立中学校のスクールカーストを引き摺ってる!僕ちゃんがモテないのは優しいからで、暴力的な男性はズルしてるw」などの客観的・定量的根拠が皆無で幼稚かつ暴力的な揶揄に賛同が集まったこと自体が、「イジメっ子はモテる」理論の証明と言えるだろう。(というか暴力性とモテの議論において、前記事を支持する人間の中で俺以外に「自分は優しいからモテない」と主張してる人間がいたか?

 では非モテはどうすればいいのか?という話になるが、自分としてPUAないし恋愛工学で、ある種の洗練された男性的振る舞いを身に着け、そして試行回数を重ねてパートナーを見つけるしかないのかな?と考えている。非モテがそんな事する必要はない!PUAないし恋愛工学は不要である!別の方法もあるはずだ!と主張する人間もいるだろうが、現在それを証明する最も有効な方法は私にDMを送ることである。むしろ、それ以外に証明する方法は皆無と言っていいだろう。そんな私の自己紹介をして、記事を終わる事とする。

【彼女募集中です】
―女性の方で彼氏募集中の方―
当方30歳童貞、筑波大卒、
中検2級、漢検3級、TOEIC800、
東証1部企業勤務、年収700万。
容姿は黒髪の164cm58kg。
都内住みです。

     【概要】
・種族:人間
(以外でも人型なら可)
・年齢:18~36歳
(以上でも仙狐/魔導書/エルフなら可)
・職業:不問
・髪の色:不問
(但し銀髪は優待)
※未経験者は特に大歓迎!

  【趣味や好きなキャラ等】
『魔法戦士スイートナイツ』
七瀬凛々子、ティアナ・リリアン・トランシルヴェール
『魔界天使ジブリール』
神野ひかり、神野ナギ
『光翼戦姫エクスティア』
葛城真里奈、リースヴェルヌ=シュゼット=パラディル
『超昴』
鷹守ハルカ、エリス・エクシリア

エロゲー以外の趣味
・料理(特に精力を増やす薬膳)
・筋肉トレーニング(特に射精量を増やすPC筋肉)
・論文漁り(特に精力関連)

エロゲー以外で好きなキャラ
アイマスだと神崎蘭子/鷺沢文香/佐久間まゆ/輿水幸子

俺のヒロインになって下さい!人生に不具合が生じてメインシナリオが進まないし、女性と喋っていても3択の選択肢が見えないし、いつまでたってもヒロインが登場しないバグに襲われています!
ご興味ある方はDMください!
https://twitter.com/rei10830349

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

71

婚活・出会い

1つ のマガジンに含まれています

コメント1件

「積極的な奴が当たるまで引いてるだけ!」とかよく言われるけど、選ぶ側の女性の意思を無視していないか?ってのと、確率を無視してないか?って言う(どう考えてもパートナーにしたくない奴が声かけまくってもパートナーが出来たりしないし、暴力的傾向のある奴はその『どう考えてもパートナーにしたくない』カテゴリになぜか入ってないように見える)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。