池上淳子/美容栄養学 美容食

管理栄養士、美容栄養学専門士、美容食インストラクター 美容栄養学のプロとして、モデル育成、講演会講師、テレビ出演など、活動は多岐にわたる 美容栄養学のプロ育成の為に美容栄養学専門士資格認定講座を開設 日本ビューティーヘルス協会 会長 一般社団法人健康栄養支援センター 代表理事

梅雨バテ予防 作り置き調味料 テレビ紹介レシピ

2019年6月放送
朝日放送 キャスト つかトレコーナー
「梅雨バテ予防の作り置き調味料」
出演、レシピ考案:池上淳子

「簡単調味料で栄養レシピ!梅雨を乗り切ろう!」

梅雨バテとは

梅雨の時期になると、やる気が起きなかったり、体がだるくなったりする症状があり、それを「梅雨バテ」と呼ばれています。6月が梅雨の時期ですが、連休もなく気持ちが暗くなりがちと言われています。

梅雨バテの原因

もっとみる

食事と病気の関係性

食べ過ぎによる疾病リスク

食べ過ぎで、エネルギーの摂取過剰となり体脂肪の合成、蓄積が進み、肥満になる。特に腹空内脂肪蓄積型肥満では門脈(腸から肝臓へ伸びている静脈で腸から吸収された栄養が通るところ)周辺に脂肪が蓄積する。すると、膵臓から分泌されるインスリンの作用が低下するインス リン抵抗性が出現し、2型糖尿病を発生しやすくする。その一方で、インスリン抵抗性の代償として高インスリン血症が起こり、イ

もっとみる

朝は太りにくい時間帯、好きなものを食べるチャンス!!

ヒトは分けて食べる動物

動物により、食べ方はそれぞれ異なる。例えばライオンは1日1食をまとめ食いする。ヒトは1日に何回も分けて食事を摂る。ヒトがライオンのように1日1食でまとめ食いをすると、様々な不具合が生じる

1日1食で肥満や病気になる

1日1食のまとめ食いをすると、肝臓及び脂肪組織での脂肪酸をつくる酵素活性が上昇し、肝臓での中性脂肪やコレステロール合成が増大する。つまり、1日に摂るエネル

もっとみる

運動時のエネルギー代謝について

エネルギー代謝のしくみ

生体では高エネルギーリン酸化合物のアデノシン三リン酸(ATP)からエネルギーを得ている。このATPはアデニン(プリン塩基)とリボース(五炭糖)が結合してできるアデノシンに無機リン酸(Pi)が3つ結合して構成しており、体内にある全細胞の直接的エネルギー源である。

ATPからPiが1つ分離し、アデノシン二リン酸(ADP)とPiに分解される時に、生体で用いられているエネルギー

もっとみる

顔のたるみを改善☆表情筋を鍛える方法

表情ジワとは

表情に伴い現れる一過性のシワは、加齢と共に増加する。無表情に戻った時には消えるシワだが、加齢により、無表情時でも皮膚に刻まれた定着シワの事を表情ジワと言う。

表情により皮膚の表面にヨレが生じ、シワが形成される。これは一時の事であるが、繰り返されることで次第にヨレが皮膚に定着し、無表情時でも見られるようになる。これを定着シワとも言う。

同じ表情を行った場合、同じ場所にシワが形成さ

もっとみる

【ダイエット情報】脂肪細胞を小さくする方法

ダイエットの方法は様々であらゆる方面から痩身をして健康、美容に役立てようと注目されている。
その中で、ある食品を摂って、体内の中性脂肪の脂肪細胞を小さくする方法が注目されている。

太っている人と痩せている人の脂肪細胞

太っている人と痩せている人では、体内の脂肪細胞の大きさが違うと言われています。
下記写真はそれぞれの脂肪細胞の写真です。

ご覧頂いたように、脂肪細胞の大きさが違うのです。
この

もっとみる