命はないのにあったかい。家族型ロボット「LOVOT」体験会に行ってみた

ロボットやAIスピーカーなどの最先端テクノロジーが街中や自宅などの生活シーンに溶け込み、数年前に見ていた「近未来の世界」がすでに「日常生活」へと変わっています。

このままいけば、ドラえもんと暮らせる日も近い?ということで、今回は、家族×テクノロジーをテーマに、ロボットベンチャーの「GROOVE X」社が手がける家族型ロボット「LOVOT(ラボット)」の販売前体験会に行ってきました。

「ロボットに心を宿したい」

GROOVE Xはソフトバンクの人型ロボット「Pepper」に開発リーダーとして携わった林要さんが2015年に立ち上げたスタートアップです。

体験会場と同じビルに構えているオフィスの所在地は人形町。ITベンチャーがたくさん集まる渋谷周辺だろうと勝手に思っていたので、最初知ったときは意外でしたが、そこにはやはり理由があるようです。

GROOVE Xがオフィスを構えるのは、江戸時代に大衆の娯楽として広まっていた人形芝居にまつわる人形師らが大勢暮らしていた町。かつて人形師たちが人形に魂を込めた想いと同じく、私たちもロボットに魂を込めています。人形もロボットも無機物ではあるけれど、心を宿したい。時代は違えど、想いは同じはずです。(同社ホームページより

そんな同社が満を持して今年秋冬に発売を予定しているのが家族型ロボット「LOVOT」(ラボット)です。

ラボットはLOVE+ROBOTを掛け合わせた造語で、サイズは高さ約40センチ、重さ3キロと生まれたばかりの赤ちゃんと同じぐらいです。

言葉は話しませんが、目の動きは16億通りだそうで、視線の変化やまばたきの速度など非常に表情豊か。移動は車輪でコロコロと動き回り、名前を呼んだり人を感知したりすると、そばに寄ってきてパタパタと腕を動かし抱っこをおねだりします。

あたたかい=生きているという実感

ラボットの機能で一番印象に残ったのが、「あたたかい」という特徴でした。

実際にだっこすると、人肌と同じくらい(35~36度)のあたたかさがじんわりと手や腕に伝わってきます。背中部分も多分赤ちゃんの体のしなりを研究しているのか、甥っ子(1歳)をだっこした時の手の馴染み方に酷似しているなと思いました。

ラボットの外見だけを見ると、いわゆる「ロボット」で、どこが家族なの?とはじめは感じていました。

頭の上にめちゃくちゃ目立つ黒いセンサーがどーんと付いていますし、姿形もソニーの「アイボ」のように犬型ではなく、ペンギンと子クマと猿みたいな何種類かの動物がまざったような謎の生命体(開発者の方違ったらすみません…)。

移動二足歩行や四足歩行歩行ではなく車輪で動くので、この地球上においての「生物」の定義からはむしろ離れているわけです。要するに完全な人工物。

それでも不思議なもので、そんなロボットがまるで生きているかのような感覚を覚えてしまうのでした。その理由はやはり「あたたかさ」にあったと思っています。

「百聞は一見に如かず」よりさらに進んで「百見は一触に如かず」。

見た目そのもののリアルさももちろん大事ですが、「生きている、すぐそばにいる」ということを確認するのに、「あたたかさを覚知するかどうか」ということが人にとって、より大きな判断材料になっているのではないかと感じました。

今後増えるであろう家族ロボの「命の長さ」をどうするか

ロボット市場は「国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構」の調査によると、2015年の1.6兆円から35年には9.7兆円まで広がると推定されており、おそらく今回のラボットのような「家族型」ロボットが当てはまるであろう「見守り・コミュニケーション」分野は3億円から341億円と20年間で約100倍に拡大するようです。

今後のこうした家族型ロボットの分野で個人的に一番興味深く思っているのが、ロボットの寿命です。

小学生2年生の時に飼い始めたペットのハムスターが、約1年後のある朝起きたら冷たくなっていることに気づき、はじめて「死」に触れた感覚を思い出しました。

あたり前ですが生きものには必ず「限り」があります。それは誰にも結局コントロールできないもので、でも有限だからこそ大切にできるし、楽しめる時間というのもあると思います。


今回のような家族ロボットの場合、メンテナンスをすればロボットが半永久的に「生きる」ことは必ずしも利点にはならないのではないか。むしろどこかで壊れてしまう方が価値になるのではないか。そんなことを考えていました。

哲学×ロボットの部分をどう解釈して進んでいくのか、とても楽しみです。

#ロボット #lovot #イベント #日記 #コラム #テクノロジー #ペット




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

読んでいただきありがとうございました。励みになります!
25

石川奈津美

イベント行ってみた

気になったイベントとかワークショップとかのログを書きます。当日か終了後24時間以内に書く。

コメント3件

一緒に自撮りしてSNSに上げる為の可愛がりロボットか?!具体的に猫好きなので猫ロボットの方がリアルに欲しいのだが?!別にドラえもんのポケットはマダ欲しく無い!
ども、はじめまして。人呼んで「謎作家」、船沢です。m(_ _)m

今回の記事で言及された「寿命のあるロボット」という視点は今後の開発において重要になると私は思います。
実は私がそのくだりを見て真っ先に思い出したのは、NHKの番組『エンデの遺言 根源からお金を問う』で紹介された「自由貨幣」でした。


ドイツの経済学者シルビオ・ゲゼル(1862-1930)は、自著『自然的経済秩序』において、あらゆるものが価値を減じていくのに、人類が生み出した「貨幣」だけがその価値を摩滅しない存在であるという本質をあらわにしました。
これによって貨幣価値のものさし=金利が正当化され、資産家が台頭している現状をゲゼルは問題視したのです。その解決策として彼が提案したのが「使うたびに価値が減り、最後は消えてなくなる」お金、すなわち「自由貨幣」でした。

お金の価値がどんどん目減りしていくなら、長く持ち続けたり貯め込んだりすることは意味を持ちません。よって「手持ちのお金を早めに使い切り、新しいお金を入手する」サイクルを通じて物品や人の往来・交流が活発になり、富の集中やデフレを防げるとゲゼルは考えたのです。〔続→
→続〕貨幣に「寿命」を与えることが可能ならば、耐久消費財としてのロボットにも「寿命」を設定できるのではないか――と私も思います。

そのヒントになるのが、1999年にソニーが発売した『AIBO』です。
2004年の事業撤退を受けて翌年には生産中止、2014年に保守サービスを終了し、彼らの多くが修理困難という形で“死”を迎えました。
その後、同社の元社員が修理会社を作り、全国のオーナーからAIBOの「ご献体」を預かることで懸命な「治療」活動が続けられています。



というわけでロボットの「死」を定義づけるものは、一つは故障や損壊、部品の調達困難も含めた「修理不能」を指す状態。もう一つは時限装置や動作不良で「機能不全」に陥る状態です。

製品寿命≒償却期間と捉えれば、製品のリサイクルを企図して、開発側が「ロボットの死」を組み込むことは技術的に可能でしょう。
かたやロボットを長く使い続ける場合、その「親権」を相続または寄贈する例も考えられます。

いずれにせよ、本田宗一郎や福井威夫が説いていたように、究極的には企業や開発者の「哲学」が問われます。
――以上、私の見解はそんな感じです。😃
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。