毒_鞋_APP的搜索结果_百度图片搜索

毒APP ~最近注目しているアプリ~

「毒」というアプリご存知ですか?

まずネーミング凄いですよね。ファッション(主にシューズ)に特化したリセールアプリで、日本でいう靴専用のメルカリじゃん?て思うかもですが、実際はけっこう違います。

このアプリ、流行ってるとは聞いてたのですが、最近読んだとあるレポートで10代の受けがとても良いと評価されてて驚きました。

その後調べてみるといろいろ面白かったので、ぜひみなさんに共有したいと思います。中国の流行は日本の流行になる時代です、これなぞってビジネスしたら成功の可能性あるかも。

毒APPって何?

まず運営社のホームページによる紹介ですが

「スニーカーや運動ファッション、ストリート文化での流行りのブランドの売買をサポートするプラットフォームで、世界中のスニーカーやファッションの達人との交流が実現できる。厳しい判定サービスで本物を届ける」と紹介されてます。

出品者募集情報では、下記のような品目が求めていることがわかりました。

や服、アクセサリー、腕時計、フィギュア、限定おもちゃ、スーツケースなど「中毒性」のあるものを求めているそうです。また、人気のブラントは下記です。

(BEAMSはちょっと意外だった、持ってるやつを転売しようかな笑)

ちょっとだけ誕生の歴史を解説

アプリの今を詳しく知るためにこのサービスの誕生の歴史を知ったほうがわかりやすいので、ちょっとだけ経緯を。

このアプリの前身と運営社は中国の人気スポーツ関係掲示板の「虎扑」で、スニーカーや運動用具などに関する交流が掲示板時代から始まりました。中国は昔から偽物が市場に出回ることが多いのですが、掲示板サービスの長い歴史の中で本物と偽物を鑑別できる人気ユーザーが人気になりました。

彼らはこの動きに注目。鑑別と売買のニーズに合わせて、運営社が2015年に鑑別サービス付きの売買プラットフォームを作って、なかなか手に入れることができない人気商品や、地方の店舗に回らない品物(もちろん転売屋さんも)が集められ、その後若者の間で人気になりました。いきなり10代に流行ったtiktokなどとは全く違う経緯ですね。

工夫されたサービス

上の経緯から、このサービスはホンモノだけを扱う信頼性が担保されることになります。そのため、他のECサイトやタオバオとかと違って、「毒」で販売する商品はまず「毒」に商品を郵送しなければなりません。その後プロの鑑別師の鑑別結果によって審査されます。

なので普通の通販よりちょっと時間がかかります。そして売れた額から「毒」が手数料としてmarginを抜くことでビジネスが成り立つスタイルですね。marginは5-10%くらい。

UIはこんな感じです↓


なぜ10代に受けているかは他の理由もあります

このアプリが人気の理由は靴です。世界的にスニーカーブームだから、スニーカー投資してるから流行ってるんですかね?ここを若い中国人研究員が分析してくれてます。

中国の中学と高校はダサい制服を着ないといけないです。アクセサリーはもちろん、厳しいところは髪型まで制限されていて、最もおしゃれできるところは靴なのです。子供の頃から靴への意識がとても高いんですね。

その後大人になっても彼らは靴への関心がかなり高い(特に中国の場合、国産の男性の服は本当に何とも言えない感じです)ので。艾瑞のデータによると、毒アプリが2018年の月当たりユーザー(Monthly Unique Devices)はここちら↓ これは日本からしたらすごい数ですよね。

2018年末時点に441万台に達しました。7月の成長率が良い理由は、中国の学校は7月から夏休みなので若者の購買意欲が上がるからです。

ユーザーの性別から言うと、男性がやや少ない。一般のECサイトと結構異なります。

ユーザー年齢層はほぼ35歳以下で24歳以下が最も多いです。若い!

また「易观千帆」のデータによると、ユーザーは北京や上海、深センなどのBig Cityにもちろん多いのですが、地方都市でもぼちぼちあって、新疆や内モンゴルまで幅広く使われてます。

ユーザーの声と問題

「知乎」で実際に毒アプリで靴を買う人の体験談を見つけました。人気商品や人気サイズの価格は出品者によって異なります。

価格が変動するので、安いときにオーダーしてもその後急に値段が上がったら、購入を断られることがあります。

↑この人は同じ靴を2回も取引中止されました。

また、最近だと「毒で買った靴を毒に鑑定依頼したら偽物だった」とのコメントが続出して問題になっています。実際のところどうなのかはちょっとわかりませんが、偽物の靴によって商売する人たちの嫌みの可能性もあります。

でもこのアプリは鑑定者が判断しているところがポイントなので、偽物が出回るようなことがあれば一気にユーザーが離れる可能性もあります。


いかがですか。確かに北京の中心街で見かけるイケてる20代-30代はみんなスニーカー履いてます。スニーカー履くことがステータスになってるところありますね。友達の転売ビジネスの達人もスニーカー売ってかなり稼いでます。

でもね、彼ら曰くこのアプリ使って売ってるやつはまだまだです。プラットフォームにmargin抜かれますから。目利きのできるガチの転売屋はWechatを使って売ってます。日本もLINEやInstgramで直接売ってる人はたくさんいますか。


※ここでしか知れない中国情報を届けます、ぜひフォローしてください。
Twitterでも情報発信してますのでこちらもぜひ見てください。

(参考資料)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます、よろしければシェアもお願いします
24

中国情報局@北京オフィス

北京で研究員をしております。中国でバズってることや日本の皆さまにぜひ知ってほしいトピックを発信します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。