ATH-ANC900BT #2

自室で音楽を聴く事はよくある。自分の環境で音楽聴く方法はiPhoneのスピーカーから流す、有線のイヤホンをiPhoneに繋いで聴く、テレビで聴く、オーディオコンポで聴く、MacBookで聴く。この5つ方法で音楽を聴く事が出来る。

オーディオコンポで聴く場合、CDかMD、iPhoneかMacBookをオーディオケーブルで繋ぐという方法があるが、CDは入替えが面倒臭い、MDは時代遅れでダビングすらしてない、オーディオケーブルはベッドまで距離があるので相当長い物を買わないといけない。

テレビで聴く場合、スピーカーがショボいので音が悪く、気分が上がらない。夜中は大音量で聴けない。

MacBookで聴く場合、スピーカーはテレビより良いが、低音が物足りなくやはり気分が上がらない。こちらも深夜は大音量に出来ない。

iPhoneで聴く場合、iPhoneは新しい機種になるに連れてスピーカーの音質は向上してきているが、やはり低音がスカスカで物足りない。

上記の点から自分に適している音楽の聴き方は、有線イヤホンをiPhoneに繋いで聴く方法だ。これなら低音も気持ち良く出るし、夜中に大音量で聴いても周りには迷惑がかからない。

しかし「有線」という所がネックだった。音楽を聴きながら少しベッドから離れる際は、イヤホンを外すかiPhoneを一緒に持ち歩かないといけない。イヤホンを外して用が済んだらまた付ける、1時間に1回なら問題は無いだろうが、これが5分に1回ならどうだろう。なかなか面倒だ。

という事で、人生初のワイヤレスヘッドフォンを買ってきました!

購入したのはaudio-technicaのATH-ANC900BT。2019年2月15日に発売されたばかりの新商品です。

一度気になって発売されてすぐに視聴をしに行ったのですが、その時は閉店間際だったので視聴した感じは音が割れるというイメージでした。

しかし今日行って同じ曲をゆっくり視聴してみると音の割れは感じず。音割れと感じた部分はその曲がわざと出してるノイズだったのです。いや焦ってると気付かないもんですな…。

ATH-ANC900BTが音割れしないと分かると逆に困ったもんで、実は他のワイヤレスヘッドフォンに狙いを定めて買いに行っていたんですよ。それがBeats by Dr.DreのBeats Studio3 Wireless。若い人がよく首からぶら下げてるブランドのヘッドフォンですね。

これを視聴して問題無ければ即買いする予定だったんですが、ATH-ANC900BTも良いじゃないかとなり迷い始めてしまいました…。ちなみに候補は売場で視聴していたらもう1つ増えてしまって、それがSkullcandyのCrusher 360 Ultra-Realistic Audio。重低音といえばのSkullcandy、自分好みでした。

担当のお姉さんを連れ回しながら2時間も悩んでましたねw(申し訳ない…)

結局、最後は自分が今までずっとaudio-technicaを使ってきたという事と、普通に聴いてて問題が無かったのでATH-ANC900BTにしました。自分でも薄々分かっていますが、オーディオファンの方からしたらタイプが全く違う物で悩んでいた事が分かると思います。

んでも実際に視聴して気持ち良かったのはBeats Studio3 Wirelessだったりしますw


さて、audio-technica信者続行という事で、いざ開封の儀!

外箱を開けて中身を出すとまた箱!

これはマトリョーシカ方式の焦らしですね。なかなか本体とご対面は出来ないぞ!と言われてるようなもんです。

お次は袋。現時点でのフラグシップモデルだけあって、高級感がありますね。

お次は携帯ケース。外箱にケース付きと書いてありますが、どうやらこの携帯ケースの中に本体や付属品を入れて出荷してるみたいですね。

やっとご対面。なるほど、持運びする時はこの形に畳んでくれという見本も兼ねてるのですね(多分違う)。

付属品も携帯ケース内に入るので便利ですね。

しかし、いざヘッドフォンを携帯ケースに入れて持ち運ぼうと思ったら、折畳み方を忘れてしまった…、無闇に曲げて壊したくはないし…。

安心してください!

折畳み方をイラストで書いてくれてます!

流石ですね、audio-technicaさん。

ちなみに袋に入ってる付属品は…

飛行機で使えるアダプター

充電用USBケーブル

ハイレゾを聴く時に使えるミニプラグケーブルの3点でした。

説明書に「高出力のUSB充電器を使うと破損します。当社の純正品をお使いください」と書いてるくらいなので、USB充電器も付けて欲しかったですね…。


早速、ATH-ANC900BTを使いながらこの記事を書いてますが、大変満足してます。まあまだ慣らしなので爆音にはしてませんが、売りの1つでもあるクイックヒアスルー機能が大活躍です。ボタンを押すと音量が下がって周りの音が聞こえる機能なんですが、急に話し掛けられた時とか凄く便利です。小音量で聴きながら会話も出来ますし。

うん、ATH-ANC900BTにして良かったかも。低音もある程度出るし、重低音タイプのヘッドフォンだと疲れちゃって長時間は聴けないですね、多分。

ちょっとした事でベッドから離れる際に外さなくて良いのがこんなにも快適だったなんて…もっと早く買えば良かったかもw


とりあえず今のところATH-ANC900BTは家の中だけで使う予定です。外用のイヤホンは今使ってる有線のイヤホンが破損したら買います。多分てか絶対イヤホンもワイヤレス確定ですね。

たださっきTwitterで友人が首に掛けるタイプのイヤホンが断線したとツイートしていて、買う前からヒヤヒヤしてますが…w

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

べっこ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。