音声入力を始めてみた。

先日の懇親会の時、同業者の方に、音声入力を始めてから原稿の執筆速度があがったという話を聞いて自分もやってみようかなと思い立ちました。

まず初めはスマホの音声入力を試してみました。

スマホに向かってそのまま話せばいいので気楽です。

音声入力かできる時間が短いので、何度も開始ボタンを押し直さなくてはならないのが地味にイライラしました。音声入力中は修正などはできないのでそこも面倒ですし。なぜかセンテンスごとに半角スペースが入ってしまうのでテウチでそれを取り除かなければなりません。

それとGmailの下書き機能をつかっているので保存してはPCで見て確認して、エディタにコピペをするというのがやっぱり面倒だなと思いました。

でも音声入力自体はかなり精度が高く、メール程度だったら問題なく書けそうだったので本格的に、マイクを買ってPCでも導入することにしました。

初めはお話を聞いた作家さんと同じGoogleドキュメントでの入力にしようかと思っていたのですが、旦那がこんな記事を見つけて教えてくれました。

うちはMac miniなのでこのリンク先の記事とほぼ同じ環境だと思われます。

マイクもUSB用ののものを買わなくてはならないようなので、記事の中にあったWii用のものを購入しました。スタンドも机に固定できる可動式のものです。これだと邪魔にならないし使わないときは壁のほうに寄せておけるのでとても便利です。

私のMac miniだとエクセル入力にはちょっと弱いですが、文字を入力する領域があるものであればほぼ使えます。ちなみにこれも音声入力で書いています。

同音異義語を理解してくれないのと、横文字や専門用語に弱いのでそこは手入力で直す必要がありますが、資料を見ながらしゃべっていれば勝手に入力してくれるのでかなり快適になりました。職業病ともいえる首や肩のこり、そして私の持病である腕や手の痛みが軽減されるのはとてもうれしいです。これで手に負担をかけずに入力することができます。

これからはもっと執筆速度を上げて、仕事量が増やせるといいなと思います。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
2

桃野衿

AD(H)D民のグダグダ仕事術

AD(H)D持ちのフリーシナリオライターのゆるいライフハック的なやつです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。