【答案構成】論文式試験 平成28年 特実II

平成28年の特許・実用新案の問題IIについて、答案を作成しました。答案の全文は、以下のリンク先で公開しています(PDFファイルをダウンロード)。

【解答例】論文式試験 平28年 特実II
クリック⇒ https://benrishi.booth.pm/items/1309163

この問題の答案構成は以下の通りです。

問(1)について
1. 結論
 及ぶ。
2. 理由:PbyPクレーム
68
「構造及び特性等を同一にする物」a
70①
問(2)について
1. 文言侵害の有無
2. 均等侵害の有無
3. 結論
問(3)について
1. 結論
 できない。
2. 理由
 「d3を意識的に除外」∵禁反言の法理
問(4)について
1. 国内優先権主張の効果の判断
 イの判断基準時=Y時 ∵イは、cをYの際に「追加」
2. イには進歩性がないとの抗弁(104条の3①)
 ∵ イ=「周知技術」c + 公然実施A2=「容易に発明」(29条2項)
問(5)について
1. 訂正の再抗弁
2. 進歩性を有するとの主張
                以上

なにかご不明な点やご要望があれば、下記からおたずねください。
https://marshmallow-qa.com/benrishi

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

弁理士試験 論文式試験勉強法

【広告表示なしで全文が読めます】 論文式試験の過去問を題材に、弁理士試験で合格答案を書くための「現実的な方法」を解説しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。