【答案構成】平成25年特・実 問題II 答案構成

平成25年の特許・実用新案の問題IIについて、答案を作成しました。答案の全文は、以下のリンク先で公開しています(PDFファイルをダウンロード)。

【解答例】論文式試験 平25年 特実II
クリック⇒ https://benrishi.booth.pm/items/1325367

この問題の答案構成は以下の通りです。

  問1(1)について
1. 補償金の請求(65)について
X出願公開後 αの「業として」(65①)の生産・譲渡(2③1)
2. 乙の善意実施について
「警告」(65①)後に請求できる
問1(2)について
1. 侵害成否の検討
丙は、イの技術的範囲(70①)に属するαの「業として」(68)の使用(2③1) 
∴直接侵害(68)
2. 甲の差止請求の許否差止OK(100①) ∵65④
問2(1)について
1. 侵害成否の検討
乙は、イの技術的範囲(70①)に属するαの「業として」(68)の生産・譲渡(2③1)である製造・販売
Pの直接侵害を構成 ∴否認はできない
2. 無効理由の抗弁以下の無効理由があり、Pの行使が制限される(104の3①)(1). 新規性違反29①2(123①2)
(2). 共同出願違反
イは「共同発明」⇒イの特許を受ける権利(29①柱)は甲・丁の共有
「丁に無断で」X出願 ∴38条違反(123①2)
丁以外の者でも主張は妨げられない(104の3③)
3. 訴訟中止の主張
新規性違反(113-2、123①2)で異議の申立て・無効審判の請求
決定又は審決の確定まで訴訟中止(準168②、168②)
4. 先使用の抗弁「知らないで」「日本国内」先使用権(79)主張
問2(2)について
移転の請求(74①、施規40の2)
効果(74②)
持分権に基づき差止請求OK(100①)                                                                                                                                         以上

この問題については、次のような寸評をしました。

なにかご不明な点やご要望があれば、下記からおたずねください。
https://marshmallow-qa.com/benrishi

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

弁理士試験 論文式試験勉強法

【広告表示なしで全文が読めます】 論文式試験の過去問を題材に、弁理士試験で合格答案を書くための「現実的な方法」を解説しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。