平成29年度 【意匠】問9の枝1:"じっくり解説" 弁理士試験 短答式 本試験

【問8】の解説に入りましょう。

【問9】
意匠イに係る意匠権Aを有する甲は、意匠イに類似する意匠に係る物品Xを、業として日本国内において販売し、輸出している乙に対し、意匠権Aの侵害を理由とする物品Xの販売の差止め及び損害賠償を求める訴えを提起することを検討している。次のうち、正しいものは、どれか。
ただし、いずれの場合も意匠権について、専用実施権の設定をしていないものとする。
1 甲は、その訴えにおいて、物品Xの販売の差止めを請求することなく、乙が日本国内に所在する乙の倉庫に保管している物品Xの廃棄と損害賠償のみを請求することができる。
2 意匠イは、秘密請求期間を意匠権Aの設定登録の日から平成 28 年 12 月 31 日までとする秘密意匠であったが、秘密請求期間が経過し、平成 29 年1月 31 日に、意匠公報に掲載された。甲が平成 29 年1月1日から平成 29 年4月 30 日までの期間になされた乙の販売行為を対象として損害賠償を請求する場合、全期間にわたる当該販売行為について、乙に過失があったことが意匠法上推定される。
3 乙が、物品Xの日本国内での販売を停止し、輸出して海外で販売するために物品Xを日本国内に所在する乙の倉庫に保管している場合、甲は、当該保管行為の差止めを求めることはできない。
4 甲は、裁判所に対し、乙を被告として、意匠権Aの侵害を理由とする物品Xの販売の差止め及び損害賠償の支払いを求める訴えを提起した後であっても、意匠イに類似する意匠の範囲について、特許庁に対し、判定を求めることができる。
5 甲は、意匠イを本意匠とする関連意匠ロを出願し、関連意匠ロについても意匠登録を受け、意匠権Bを保有している。乙が、関連意匠ロには類似するが、本意匠である意匠イには類似しない意匠に係る物品Yを販売している場合、甲は、意匠権Bの侵害を理由として物品Yの販売の差止めを請求することはできない。

 意匠法の解説も残り2問になりました。【問9】は、権利行使にまつわる問題です。「枝1」から順に、問題文が短いものから順に解いていくのがよいでしょう。

 5枝をざっと見ると、「枝2」は日付が入っている事例問題なので、それ以外の選択肢から正誤判断していきます。

「枝1」から見ていきましょう。

1 甲は、その訴えにおいて、物品Xの販売の差止めを請求することなく、乙が日本国内に所在する乙の倉庫に保管している物品Xの廃棄と損害賠償のみを請求することができる

 37条2項の条文の通り、物品Xの廃棄請求は、付帯請求です。

(差止請求権)
第37条  意匠権者又は専用実施権者は、自己の意匠権又は専用実施権を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、その侵害の停止又は予防を請求することができる。
2  意匠権者又は専用実施権者は、前項の規定による請求をするに際し、侵害の行為を組成した物(プログラム等(特許法2条4項 に規定するプログラム等をいう。次条において同じ。)を含む。以下同じ。)の廃棄、侵害の行為に供した設備の除却その他の侵害の予防に必要な行為を請求することができる。

 差し止め請求をせずに侵害組成物の廃棄除却を請求することはできません。

 なお、信用回復措置請求は、単独での請求が可能です。

(信用回復の措置)
特許法第106条  故意又は過失により特許権又は専用実施権を侵害したことにより特許権者又は専用実施権者の業務上の信用を害した者に対しては、裁判所は、特許権者又は専用実施権者の請求により、損害の賠償に代え、又は損害の賠償とともに、特許権者又は専用実施権者の業務上の信用を回復するのに必要な措置を命ずることができる。

(意匠法41条で特許法106条を準用)

 問題文の事例において、甲が乙の倉庫に保管している物品Xの廃棄を乙に請求するには、物品Xの販売の差止めを請求することが必要です(37条2項)。

 よって、「物品Xの販売の差止めを請求すること」なく「物品Xの廃棄と損害賠償のみを請求することができる」とする「枝1」は誤りです。

 過去問での問題演習を重ねていけば、「枝1」の問題文を一読したときに単独請求の可否が問われていることはすぐにわかるでしょうし、そのことが瞬時にわかる程度には過去問の演習を重ねる必要があると言えます。

 ということで、次回は残り4枝の解説をします。

弁理士試験ランキングで1位になりました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

弁理士試験:平成29年度 短答式試験の解説

【広告表示なしで全文が読めます】今年の弁理士試験(短答式)について、1枝1枝、ていねいに解説しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。