【答案構成】論文式試験 平成27年 商標

平成27年の商標について、答案を作成しました。答案の全文は、以下のリンク先で公開しています(PDFファイルをダウンロード)

【解答例】論文式試験 平27年 商標
クリック⇒ https://benrishi.booth.pm/items/1312672

この問題の答案構成は以下の通りです。

問Iについて
1. 原則
(1). 20②(施規10②)⇒20③
(2). 20④
2. 商標権の回復について
(1). 21①(施規10③) with 回復理由書(施規10④) +証明書面(施規10⑤)
(2). 効果(21②)
3. 回復した商標権の効力の制限
 22条各号 ∵衡平性の見地に基づく調整
問II(1)について
1. 可能性のある無効理由
(1). 4①10(46①1)
 ①. 4③、②. 他人甲・周知、③商標類似、④商品類似
(2). 4①15(46①1)
 ①. 上記非該当(4①15かっこ)、②. 4③、③. 他人甲・混同おそれ
除斥期間(47①)は未経過
(3). 4①19(46①1)
 ①. 上記非該当(4①19かっこ)、②. 4③、③. 他人甲・外国周知、
 ④. 商標類似、⑤不正の目的
2. 最も適切な無効理由
(1). 4①19
(2). あてはめ cf. 交渉経緯⇒「不正の目的」
(3). 4①10/15非該当の可能性
問II(2)について
1. 51条の審判の請求要件
(1). 何人も(51①)
(2). 指定商品に類似商標を使用
(3). 「故意」∵乙の回答
(4). 除斥期間は未経過(52条)
2. 結論
「混同」の立証 ∴51①⇒54①
問II(3)について
1. とり得る手続
マド6(4)⇒68の32(マド9の5)
2. 留意点
(1). 名義人だった甲が(68の32①)、
(2). 取消から3月以内に(同条②1)、
(3). 「Lerota」を(同項2)、
(4). 「ぶどう酒」を指定して(同項3)、
出願する(同条2項柱書)。
                                                                    以上

なにかご不明な点やご要望があれば、下記からおたずねください。
https://marshmallow-qa.com/benrishi

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

弁理士試験 論文式試験勉強法

【広告表示なしで全文が読めます】 論文式試験の過去問を題材に、弁理士試験で合格答案を書くための「現実的な方法」を解説しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。