【本試験の問題を解説するときの基本方針について】

各問題の解説は、従来の短答式試験の過去問集のように、

「全ての選択肢について短い解説があるだけ」

ではなく、

「本試験で問題に対峙したときのリアルな思考回路を出来る限り忠実に誌上に再現する」

ことを基本方針としています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

弁理士試験:平成29年度 短答式試験の解説

【広告表示なしで全文が読めます】今年の弁理士試験(短答式)について、1枝1枝、ていねいに解説しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録