「平成15年過去問 意匠」を題材に、論文試験が基本問題の組み合わせからなることを実証する

 前回の記事で、

「論文式試験の本試験の事例問題は、基本問題の組み合わせからなること」

を示しました。その上で、事例問題に解答する力を養うためには、本試験のベースとなっている基本問題について解答を作成してみるというアドバイスをしました。

 そこで今回は、平成15年の意匠の過去問を題材に、ベースとなる基本問題を合計5題の例題として掲載しています。

 以下の5題の例題について順番に答案を作成すれば、本試験の過去問が基本問題の組み合わせであることを実感することができます。

 はじめに平成15年の意匠の過去問の全文を掲載しておきます。過去問に続く5題が、平成15年の意匠の過去問のベースとなる基本問題です。例題については、順を追って解答する際に違いが分かるよう、問題文で加筆された箇所は太字で示しています。

 これら5問の例題と、平成15年の意匠の過去問については、改めて解答例を示しながら、解説を加えていきたいと考えています。

 まずはご自身で5問の例題について答案を作成してみてください。

【平成15年 意匠 本試験問題】
米国人甲は、ソファーベッド(背を倒してベッドとしても使用することができるソファー)に係る意匠イを米国で2003年1月30日に開催された展示会で発表した。同年2月6日、米国のある雑誌にこの展示会の紹介記事が掲載され、イも写真入りで紹介された。同年2月25日、甲は、イを米国で意匠特許出願した。その後、日本人乙は、甲がイを日本人の好みに合わせてデザイン修正した意匠ロ(イに類似する意匠)に係るソファーベッドを日本で製造・販売する権利及び日本において乙名義でイ、ロの意匠登録を受ける権利を甲から譲り受けた。そこで、乙がロについて意匠権を取得するために、意匠登録出願をするに際して注意すべきことは何か。あわせて、乙がロだけでなくイについても意匠権を取得したいと考えた場合、イの意匠登録出願に際して注意すべきことを述べよ。
                           【100点】
【例題(15-1)】
米国人甲は、意匠イを創作した。その後、日本人乙は、甲がイを日本人の好みに合わせてデザイン修正した意匠ロ(イに類似する意匠)に係る物品を日本で製造・販売する権利及び日本において乙名義でイ、ロの意匠登録を受ける権利を甲から譲り受けた。そこで、乙がロについて意匠権を取得するために、意匠登録出願をするに際して注意すべきことは何かを述べよ。
                              【10点】
【例題(15-2)】
米国人甲は、ソファーベッド(背を倒してベッドとしても使用することができるソファー)に係る意匠イを創作した。その後、日本人乙は、甲がイを日本人の好みに合わせてデザイン修正した意匠ロ(イに類似する意匠)に係るソファーベッドを日本で製造・販売する権利及び日本において乙名義でイ、ロの意匠登録を受ける権利を甲から譲り受けた。そこで、乙がロについて意匠権を取得するために、意匠登録出願をするに際して注意すべきことは何かを述べよ。
                                   【20点】
【例題(15-3)】
米国人甲は、ソファーベッド(背を倒してベッドとしても使用することができるソファー)に係る意匠イを米国で2003年1月30日に開催された展示会で発表した。その後、日本人乙は、甲がイを日本人の好みに合わせてデザイン修正した意匠ロ(イに類似する意匠)に係るソファーベッドを日本で製造・販売する権利及び日本において乙名義でイ、ロの意匠登録を受ける権利を甲から譲り受けた。そこで、乙がロについて意匠権を取得するために、意匠登録出願をするに際して注意すべきことは何かを述べよ。
                                   【40点】
【例題(15-4)】
米国人甲は、ソファーベッド(背を倒してベッドとしても使用することができるソファー)に係る意匠イを米国で2003年1月30日に開催された展示会で発表した。同年2月6日、米国のある雑誌にこの展示会の紹介記事が掲載され、イも写真入りで紹介された。その後、日本人乙は、甲がイを日本人の好みに合わせてデザイン修正した意匠ロ(イに類似する意匠)に係るソファーベッドを日本で製造・販売する権利及び日本において乙名義でイ、ロの意匠登録を受ける権利を甲から譲り受けた。そこで、乙がロについて意匠権を取得するために、意匠登録出願をするに際して注意すべきことは何かを述べよ。
                              【45点】
【例題(15-5)】
米国人甲は、ソファーベッド(背を倒してベッドとしても使用することができるソファー)に係る意匠イを創作した。その後、日本人乙は、甲がイを日本人の好みに合わせてデザイン修正した意匠ロ(イに類似する意匠)に係るソファーベッドを日本で製造・販売する権利及び日本において乙名義でイ、ロの意匠登録を受ける権利を甲から譲り受けた。そこで、乙がロについて意匠権を取得するために、意匠登録出願をするに際して注意すべきことは何か。あわせて、乙がロだけでなくイについても意匠権を取得したいと考えた場合、イの意匠登録出願に際して注意すべきことを述べよ。
                              【50点】
【例題(15-6)】
米国人甲は、ソファーベッド(背を倒してベッドとしても使用することができるソファー)に係る意匠イを米国で2003年1月30日に開催された展示会で発表した。同年2月6日、米国のある雑誌にこの展示会の紹介記事が掲載され、イも写真入りで紹介された。その後、日本人乙は、甲がイを日本人の好みに合わせてデザイン修正した意匠ロ(イに類似する意匠)に係るソファーベッドを日本で製造・販売する権利及び日本において乙名義でイ、ロの意匠登録を受ける権利を甲から譲り受けた。そこで、乙がロについて意匠権を取得するために、意匠登録出願をするに際して注意すべきことは何か。あわせて、乙がロだけでなくイについても意匠権を取得したいと考えた場合、イの意匠登録出願に際して注意すべきことを述べよ。
                              【75点】
【平成15年 意匠 本試験問題】
米国人甲は、ソファーベッド(背を倒してベッドとしても使用することができるソファー)に係る意匠イを米国で2003年1月30日に開催された展示会で発表した。同年2月6日、米国のある雑誌にこの展示会の紹介記事が掲載され、イも写真入りで紹介された。同年2月25日、甲は、イを米国で意匠特許出願した。その後、日本人乙は、甲がイを日本人の好みに合わせてデザイン修正した意匠ロ(イに類似する意匠)に係るソファーベッドを日本で製造・販売する権利及び日本において乙名義でイ、ロの意匠登録を受ける権利を甲から譲り受けた。そこで、乙がロについて意匠権を取得するために、意匠登録出願をするに際して注意すべきことは何か。あわせて、乙がロだけでなくイについても意匠権を取得したいと考えた場合、イの意匠登録出願に際して注意すべきことを述べよ。
                           【100点】

弁理士試験ランキングで1位になりました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

弁理士試験 論文式試験勉強法

【広告表示なしで全文が読めます】 論文式試験の過去問を題材に、弁理士試験で合格答案を書くための「現実的な方法」を解説しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。