【答案構成】平成14年特・実 問題I 答案構成

平成14年の特許・実用新案の問題Iについて、答案を作成しました。答案の全文は、以下のリンク先で公開しています(PDFファイルをダウンロード)。

【解答例】論文式試験 平14年 特実I
クリック⇒ https://benrishi.booth.pm/items/1412231

この問題の答案構成は以下の通りです。

問(1)について
1. Aに係る特許を受ける権利の予約承継(35②反対)
 甲に帰属 ∴Yについて冒認出願で拒絶されることはない(49-7)
2. X出願公開前
(1)29条
 拒絶されない ∵公知引例なし
(2). 29の2
 拒絶されない ∵発明者同一(29の2本文かっこ)
(3). 39①
 拒絶されない ∵先願Xは冒認(49-7) 先願の地位(39⑤)なし
(4). 結論
 他の拒絶理由なければ、甲はYについて特許を受けることができる(51条)
3. X出願公開前
(1). 29①3
 ①. 拒絶される(49-2) ∵公知刊行物X
 ②. 「意に反して」(30①) 1年以内の出願であれば、意見書で主張し(50条)解消できる
(2). 29の2
 拒絶されない 「後願Y出願後に出願公開」の要件を満たさない
(3). 39①
 拒絶されない ∵先願Xは冒認(49-7) 先願の地位(39⑤)なし
(4). 結論
 他の拒絶理由なければ、甲はYについて特許を受けることができる(51条)
問(2)について
 甲は以下の手続により、Xにおける出願人の地位を取得できる。届出が効力発生要件(34④)
1. 乙による名義変更届の提出
 乙が譲渡証書とともにXの出願人名義変更届を提出する。
2. 甲による名義変更届の提出
 乙の協力が得られない場合、承継人甲がXに係るAについて特許を受ける権利が自己に帰属することの確認の訴えを提起⇒請求認容判決を添付し、Xの出願人名義変更届を提出する。
                                                                                                                    以上

なにかご不明な点やご要望があれば、下記からおたずねください。
https://marshmallow-qa.com/benrishi

追伸:答案の書き方をゼロから教える、「論文過去問演習講座」を開講しました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

宗教法人としての法人格は有していませんが、お布施やお賽銭、すべての浄財は24時間受け付けています(笑)

記事をシェアしてくれると、さらに幸運が舞い降ります!!
1

弁理士試験 論文式試験勉強法

【広告表示なしで全文が読めます】 論文式試験の過去問を題材に、弁理士試験で合格答案を書くための「現実的な方法」を解説しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。