「ネットで調べたの」天使が言うとシュールだ。階段を踏む足音が、広いコンクリート壁にたーんたぁんと響く。――『天使は奇跡を希う』025

 頂上は、そこそこ広い駐車場になっていた。

 運転手さんに待ってもらい、ぼくたちは展望台へと向かう。

 入口の階段わきに、小さな売店があった。

「伯方(はかた)の塩アイスだって」

 実は隣の伯方島が産地だ。三〇〇円か。これ以上の出費は痛い。

「あれだろ、アイスに塩混ぜた感じだろ?」

「そういうこと言わない。半分ずつ分けようよ。そうすると、超いいよ?」

「何が」

 すると、えー? それはぁー……とわざとらしく体をくねらせ、

「ユーカと間接キスできちゃうよ?」

「亀老って、ほんとに老いた亀ってことだったんだな」

「ほんとだ。亀の石像かわいい」

 ぼくのスルーに、何事もなかったように乗ってきた。

 木の階段を上っていく。

 展望台へ続く道は、ウッドデッキ材と打ちっ放しのコンクリートを組み合わせた、やたらと現代的な空間だった。

「ここは、有名な建築家さんがデザインしたんだって」

「詳しいな」

「ネットで調べたの」

 天使が言うとシュールだ。


七月隆文・著/前康輔・写真

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

天使は奇跡を希う 七月隆文

100万部突破の大人気作『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の七月隆文、最新作。note×「別冊文藝春秋」同時連載
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。