「いただきます!」向かいに座った健吾がぱしんと手を合わせ、白いうどんを勢いよくすすりはじめる。――『天使は奇跡を希う』029

  3

「おー、お待たせお待たせ」

 健吾(けんご)が、トレイに特盛のきつねうどんと特盛カレーを載せてやってきた。

 昼休み。食堂はいつものごとく賑わっている。

「いただきます!」

 向かいに座った健吾がぱしんと手を合わせ、白いうどんを勢いよくすすりはじめる。

 あれくらいの量ならぼくでもなんとかなるけど、こいつは二時限目の終わりに弁当をたいらげているはずで、部活前にもパンとかを食べるはずだ。いつもながら強豪野球部員の食欲はすさまじい。

 健吾は幼なじみで、ぼくが一度目に今治に来た小学三年生のときからのつながりだ。

 元々育ちの良さから朗らかで社交性の高かった健吾は、イケメンの野球部レギュラーに成長した。

 ぼくたちはしばらく、空腹を満たすことに集中する。

 健吾がカレーの山を消していく。ペースは早いのに食べ方が妙にきれいな印象だ。

 そういうところも女子の好感度が高いと成美(なるみ)が言っていた気がする。

「ヨッシー」

 健吾はぼくのことをそう呼ぶ。良史(よしふみ)だから、ヨッシー。

「交際、順調か?」

 成美とのことだ。ぼくと健吾と成美。この三人が小学生からの仲だ。

「まあ」

「ちゃんとデートとかしてるか?」

「えーと、前の週末、フジグランに」

「昨日、一昨日は」

「ちょっと用事があって」

 土曜は星月さんとミッションに行き、次の日は勉強したり趣味で始めたギターで潰れた。

「じゃあしょうがないけど………近場だけじゃなく、たまには松山とか連れてってやれよ?」

「お前、どこポジションだよ」

 ぼくは苦笑でツッコむ。

「まあ、部室とか神社で話したりしてるからさ」

 意外とそういうことで大丈夫なんだなと気づいてきた。


七月隆文・著/前康輔・写真 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

天使は奇跡を希う 七月隆文

100万部突破の大人気作『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の七月隆文、最新作。note×「別冊文藝春秋」同時連載
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。