見出し画像

いたっ、とか言うな!――「天使は奇跡を希う」004

「なんでここに……?」

「猫、入っていかなかった?」

 彼女が聞く。食堂のおばさんが餌付けしているらしく、このあたりにはけっこういる(ちなみに餌付けの知識も見聞録で得たものだ)。

「入ってないよ」

「そっかー」

 言って、星月さんは日陰と同じ明るさをした部室を見る。

「ね、ここは何?」

「新聞部の部室」

「新海くん、新聞部なんだ」

「うん」

「へえー」

 楽しげな顔で奥に目をやり、

「ちょっと見学してもいい?」

「いいけど」

 すると、星月さんは軽い足取りで中に入ってきた。

 ガッ

 翼が戸に引っかかった。

「――っ!」

 ぼくはとっさに顔をそらす。

「いたっ」

 ――いたっとか言うな!

 こいつ、わざとやってるんじゃないだろうな⁉

「新海くん、どうしたの? なんか震えてるけど」

「……なんでもない」

 ツッコみたい衝動を必死にこらえる。

「わー、狭いね」

 言いながら、机と壁の間をずりずりと進む。この小さな部室で見ると、彼女の翼はしっかりと大きくて存在感がある。

 間近にあっても、特に匂いはしない。ただ空気がちょっと涼しくなったというか、クリアになったような感覚がする。その白さが山登りのときに見た雲に似ているせいかもしれない。

「あ、これアレだよね。タイプライター」

 星月さんが、奥の机に置かれていた古いワープロを手にする。

「いや、ワープロだよ。書院っていう昔の」

 かなりの初期型だと先輩から伝え聞いている。

「使ってるの?」

「使ってない」

「ふーん」

 書院を元の位置に戻し、他に何か面白いものはないかと探している。

 でもここにあるのは、そういういつからあるのかもわからないような遺物ばかりだ。

 そのとき、ポケットの中でスマホが震えた。

 これから向かうという、成美からのメッセージ。

 いちいち言ってこなくていいのに。まめなやつだった。ぼくはスタンプ一つで返事する。

「ねえ新海くん! ほらほらっ」

 その声に、ぼくは振り向く。

「天使の輪」

 星月さんが、リングの蛍光灯を頭上に掲げていた。

 …………。

「舞い降りたと思った? 天使、舞い降りちゃったと思った?」

 ねえねえ? とうざい感じで言いながら、翼をバッサバッサはためかせる。

 その風に前髪を煽られながら―――ぼくの中で何かがぶちり、と切れる音がした。

「でもざーんねん。星月はただの可愛すぎる女の子だよ? 天使なんて現実には存在しな――」


「天使だろ」


 ぼくは、とうとう。

「お前天使だろ! 羽あるじゃん! 背中に‼」

 言ってしまった。


七月隆文・著/前康輔・写真 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

27

文春note部

「別冊文藝春秋」→「文春note部」にリニューアルしました! 文藝春秋の読み物・マンガをnoteでお届けします。 https://books.bunshun.jp/

天使は奇跡を希う 七月隆文

100万部突破の大人気作『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の七月隆文、最新作。note×「別冊文藝春秋」同時連載
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。