コーヒーの香りが満ちている――「天使は奇跡を希う」008

「そうだ、コーヒー」

 成美がすっと席を立ち、奥の収納に向かう。

 シューズボックスの一つを開けると、中には電気ケトルと紙コップと、インスタントコーヒーとティーバッグ各種。先輩が残した数少ないガラクタ以外の遺産。

「良史(よしふみ)、なに飲む?」

「あ……じゃあ、コーヒー」

 成美が準備を始める。

 もちろん先生にみつかったら怒られる。

 成美は委員長みたいな雰囲気で中身も実際そうだから、規則とかにはうるさいんだけど、食べることに関してだけは例外項目で、そうとう自分に甘くなる。

 ペットボトルの水を電気ケトルに注ぐ姿を見つつ、ぼくはふと、成美がぼくの変な空気を察して逃げたんじゃないかと思った。そんな気がする。

 自己嫌悪に陥る。

「はい」

「サンキュ」

 渡された白い紙コップのコーヒーをひと口。

 禁止されているのを隠して部室でこっそり飲むインスタントコーヒーは、本来の何倍も美味しいと思う。

 成美が隣に座ってひと口すすり、ちょっと幸せそうな微笑みを浮かべた。

 なんの匂いもしなかった部室に、成美の淹れたコーヒーの香りが満ちている。


 結局、何も決まらないまま今日はお開きになった。

 成美と二人で駐輪場に向かう途中、グラウンドで活動する野球部の姿が見えた。

 うちの高校の野球部は甲子園常連の強豪で、その練習は端から見ていてもすさまじい。

 ノックを受ける体の捌きとか、ファーストに投げるボールの速さとか、プロなんじゃないかと思ってしまう。ぼくが見てきた野球部とはレベルが違いすぎた。

 そして、たった今ファーストにボールを投げたのが、健吾だった。

 一年生にして強豪校のレギュラーであり、目鼻立ちのきりっとしたイケメンに成長した。

 グラウンドの外れで、女子たちが固まって練習を見守っている。マネージャーではなく、部員の彼女やファンだ。全国レベルになると本当にこういう光景があるのだと、入学したばかりの頃は驚いたものだった。

 その女子たちの多くが、健吾に熱心なまなざしを向けている。

 坊主頭でもイケメンかつ、とっつきやすい人柄のあいつはすごくモテる。

 告られてもなぜか全部断ってるみたいだけど。

「やってるな」

「うん」

 ぼくたちはぼんやり眺めながらつぶやく。

 そのとき健吾がこっちに気づいて「おう」というふうに手を振ってきた。

 速攻で監督にみつかって怒られた。

 あいつは、ああいう良くも悪くも目立ってしまうところがある。


七月隆文・著/前康輔・写真 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

天使は奇跡を希う 七月隆文

100万部突破の大人気作『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の七月隆文、最新作。note×「別冊文藝春秋」同時連載
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。