ぼくたちの周囲には、白い霧が壮大に流れていた。「雲の中にいるみたいだね……」――『天使は奇跡を希う』026

 階段を踏む足音が、広いコンクリート壁にたーんたぁんと響く。

 つきあたりの踊り場から、緑に覆われた岸辺が見下ろせた。

 薄い靄(もや)が流れている。陽が隠れ、空気が湿ってきていた。

「あっ、ほら、家がある」

 海沿いにオレンジ色の屋根をした家がちんまりと見えた。

「ちっちゃい船が横付けされてるな。魚とか捕るのかな」

「捕り放題だね」

「海水浴も家から0分だな」

 いいなぁ、と二人でつぶやく。

「曇ってきたね」

「ああ」

「ユーカの晴れ力(りょく)が足りないね」

 なんてことを話しながら、ぼくたちは階段を上りきり、展望台へたどり着く。

 見渡す瀬戸内海と島々が、白く煙(けぶ)っていた。

 眼下の森と、海原と、天から零(こぼ)れたような島々――。

「あんなに長い橋を渡ってきたんだね」

 海に横たわる来島海峡大橋が霞んでいる。

 眺めているうちに霧がどんどん濃くなり、対岸の今治(いまばり)市街が見えなくなった。

 ぼくたちの周囲には、白い霧が壮大に流れていた。

「雲の中にいるみたいだね……」

 まさしくそんな気分だった。

 視界は真っ白く包まれ、ぼくと彼女以外誰もいない。

 まるで世界が終わって二人きりになったようだ、なんて言葉が浮かんだけど、さすがに恥ずかしいから口にはしない。

 すると星月さんが天を仰ぎながら、

「空チカだね」

「駅チカみたいに言うな」

 台無しだった。


七月隆文・著/前康輔・写真 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

天使は奇跡を希う 七月隆文

100万部突破の大人気作『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の七月隆文、最新作。note×「別冊文藝春秋」同時連載
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。