「送る」とっさに口にしていた。言い訳だと自分の中で感じながら――「天使は奇跡を希う」047

   5

 深夜になって、新刊を買っていないことを思い出した。

 それを自覚すると、今の気分を紛らわせる刺激がほしくなって、ぼくはすぐに家を出た。

 暗い道を自転車で走る。商店街の書店はとっくに閉まっているから、ファミマに向かう。人気作だからコンビニでも置いてるはずだ。今は少し遠回りしたい気分で、ちょうどいい。

 港は人影もなく、夜の海が持つ原始の怖さを浮標(ブイ)や建物の灯りがちかりちかりと和らげている。その広い視界が、燻(いぶ)されたようなぼくの心をほんの少し解き放ってくれる感じがした。

 海を過ぎると、ライトアップされた今治城とファミマが見える。

 星月さんがいた。

 ファミマの壁の、明かりがぎりぎり届くか届かないかのところで、座っていた。

 彼女をみつけた瞬間、ぼくの中にあった靄が消え去る。弾むようにペダルを踏む。

「何やってんだよ」

 目の前に来たぼくを、星月さんがぱちりと見上げる。

「おー、ちわっす。新海くんこそ」

「ぼくは、買い物だよ」

「ユーカは絶賛、ぶらぶら中だよ」

「…………」

 星月さんはあっけらかんとした顔でいる。たしかに前にも聞いたし、ぼくも天使だからと納得した。

 でも。

「……危ないだろ、やっぱ」

 今はそんな理屈も忘れて心配になった。夜中ずっと、彼女が一人で外にいるっていうのは。

「なんかあったらどうすんだよ」

「平気だって」

「平気じゃない」

 とはいえ、彼女には夜を過ごす場所がない。

 ――そうだ。

 名案だと思った。

「だったら、うちに――ぶッ⁉」

 羽先を顔面にぶつけられた。

「今『ぼくの家に来るか?』とか言おうとしたでしょ? エロい!」

「ちげーよ! 普通に心配してたんだよ!」

「彼女いる人が、そういうこと言うのは駄目です」

 おどけた調子ながら、星月さんからははっきり一線を引く意思が伝わってきた。

 その線に、ぼくは言い知れない痛みを感じた。

 と、彼女が地面に手をつけ、立ち上がる。

「じゃあ、また明日」

「どこ行くんだ」

「朝まで過ごす場所、一応あるんだ」

「どこ」

「内緒。静かでいいところだよ」

 言って、去ろうとした。

「送る」

 ぼくはとっさに口にしていた。

「危ないから」

 言い訳だと自分の中で感じていた。

 心配なのは噓じゃない。でもそれより何より――少しでも一緒にいられる時間を延ばしたい、という願いだった。

 星月さんは、どうしようかというふうに目線を上げる。

「途中まででいいから」

 滑稽なくらい必死だった。

「……じゃあ、駅のあたりまで」

 彼女が笑う。

 ぼくの胸の内が、軽やかな空気に満たされる。

 彼女がぼくの自転車の荷台を見てきた。

 二人乗りをしたら、駅まであっというまに着いてしまう。そう気づいた瞬間ぼくは、

「歩いていこう」

 と言っていた。

「暗いし危ないし――そう、いきなり羽バッサバッサやりそうだからな」

「やんないよ」

「いーや、やる。げらげら笑いながらやる」

 憎まれ口っぽく言う自分が止められない。

 彼女はむぅと唇をとがらす。

 こんなやりとりが、世界で一番嬉しいことのように感じる。


七月隆文・著/前康輔・写真

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

天使は奇跡を希う 七月隆文

100万部突破の大人気作『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の七月隆文、最新作。note×「別冊文藝春秋」同時連載
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。