「好きな子とかいるのか?」。とたん、健吾が箸を落とした。「マンガかよ」――『天使は奇跡を希う』030

「お前は、付き合ったりしないのか?」

 ぼくは健吾に水を向けた。

 イケメンで野球部レギュラーのこいつは、すごくモテる。ラブレターも日常的にもらっているし、ぼく自身、知らない女子から告白の手引きを頼まれたことがあった。

「あー……まあ」

 軽く目が泳ぐ。

「なんだろうな……」

 とたんに歯切れが悪い。

「お前、いくらでも選べるだろ。かわいい子もいっぱいいるじゃん」

「やあ、つっても、好きでもない子と付き合うのはな」

 言いながら、スプーンから箸に持ち替えようとする。

「好きな子とかいるのか?」

 とたん、健吾が箸を落とした。

「マンガかよ」

 ぼくのツッコミと健吾の爆笑が重なった。

 こいつの笑い声はよく通る。食堂中に響いているのがわかった。

「いやー青春! なんか青春っぽい話してるな俺たち!」

 かんかんと声を渡らせながら、ふいに誰かをみつけた顔で手を挙げる。

「おー、成美!」

 振り向くと、入口からこちらに来ようとしていたらしき成美がいた。

 恥ずかしそうな表情を浮かべつつ、渋々と寄ってくる。

「その流れで声かけるのやめて……」

 成美の抗議を健吾はさらりと受け流し、ぼくを指さす。

「もっとデートに連れてってやれって言っといたから」

「マジやめて」

 ドスをきかせた成美に、健吾がおどけて肩をすくめる。


七月隆文・著/前康輔・写真 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

天使は奇跡を希う 七月隆文

100万部突破の大人気作『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の七月隆文、最新作。note×「別冊文藝春秋」同時連載
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。