健吾と成美の、まなざしが揺れる――「天使は奇跡を希う」042

 聞かれた星月さんは、パンをくわえたまま目を見開く。

「忘れてた!」

「忘れんなよ」

 ツッコむと、彼女は笑いつつ残りのパンを押し込み、口をもこもこさせながら立ち上がる。

 それから数歩進み出て、あごを持ち上げるように空へ向き、肩の線を膨らませる。たたんでいた翼がしなやかに広がり――

 バサ、バサリッ。

 と、空気を地面にぶつけた。芝がなびき、ぼくたちの顔にも音と風が当たる。

「おお……」

 健吾と成美が揺さぶられたまなざしをしていた。

 初めて見るきちんとした翼の挙動。女の子の背中に羽があるという――本物の天使の存在をリアルに実感したんだと思う。気持ちはわかった。

「…………ダメっぽいかなぁ」

 星月さんが遠慮がちに言いながら、バサバサと続けている。

「! あっ」

 成美の声に振り向くと、メランジェを入れていたビニール袋が宙に舞っていた。

 健吾が立ち上がり、捕まえようとする。と、同じく動いていた成美と至近距離で向き合う。

 瞬間、弾かれたように健吾がバックステップした。やたらあわてた顔をして、それから気まずそうに頭をかく。

 転がるビニールをぼくが踏んづけて捕まえると、みんなが「おー」と拍手した。


 そのあと、三島神社に寄った。

「よくこんなところ知ってたな」

 ぼくが言うと、隣に座る星月さんがドヤ顔でサムズアップする。

 たぶん地元の人間でもあまり来ない場所だ。

 田んぼの前にあるこの神社にはまっすぐのびた長い石段があって、上りきった段差に、ぼくと成美と星月さんの三人で座っている。健吾は境内をうろついていた。

「ここ、話しやすいね」

 言って、星月さんが前を指さす。

「そこがポイントだね」

 高い位置だから田畑の景色が見渡せるけど、そこに森の枝葉がかかり簾(すだれ)のようになっている。

「眺めがいいだけじゃない、いい感じの目隠しになってて落ち着く」

「ああ」

 同感だった。

「静かだし」

「うん」

 実は何度か来ている。成美のお気に入りで、放課後たまに寄ってだらだら話をする。

「だめですよ星月さん」

 うしろから健吾がおどけた口調で、

「そんな仲良く話してると、成美に怒られますよ?」

 星月さんもわざとらしく「はっ!」とする。

「ささ、ほづきちさん、あとは若い二人に任せて」

「そうですのう」

「いいって」

 去ろうとする二人を止めた。

 健吾は気の回しすぎだと思う。成美も困った表情で黙っていた。

「じゃあ御手洗のところにセミの死骸が浮かんでたから、みんなで見に行こうぜ?」

 それは全員でお断りした。


七月隆文・著/前康輔・写真 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

天使は奇跡を希う 七月隆文

100万部突破の大人気作『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の七月隆文、最新作。note×「別冊文藝春秋」同時連載
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。