そうしてまで、優花が叶えたいこと。彼女の願う奇跡、それは――「天使は奇跡を希う」049

   6

 星月優花は、駅前で彼と別れ、一人で歩いていた。


 彼女が毎夜、必ず立ち寄る場所へと。

 駅を越えた通り沿いにある、成美のパン屋。

 その隣に建つ、今治タオルの小売店である。


 閉店した店のわき、パン屋との間にある狭い通り道に優花は佇み――

 二階の窓を見上げている。

 そこには明かりが灯っていて、彼女の両親がまだ起きていることを示していた。


 ここは優花の家だ。


 だが今は帰ることができない。

 もしそうしたなら、父と母は知らない他人が入ってきたときの顔をするだろう。


 なぜなら、優花の存在を忘れているからだ。


 両親だけではない。

 今の優花は『世界から忘れられている』。


 本当は、成美も健吾も―――新海良史も小学三年生のときからの幼なじみである。

 

 そのときの優花は、天使の羽など持ってはいなかった。


 ほどなく、優花はその場を去った。

 いつものコースをたどり、夜を明かす場所へと向かう。

 三島神社。

 狛犬の間を抜け、鳥居をくぐり、長い石段を踏む。

 こうして上るたびに、良史と二人きりで上ったあの日のことを思い出す。きらきらと幸せに満ちていた、はるか遠いあの時間を。

 頂上に着くと、小さな社が鎮座する狭い境内がある。

 か細い灯りのつくばかりの薄い闇に──――見慣れた悪魔が待ち構えていた。


 悪魔は、小男の外見をしている。

 肌は焼けたように浅黒く、毛の量が多く、目玉のぎょろりとした中年男性の外見。

 優花の姿を認めたとたん、歯をむき出す獣のような笑顔を作った。髪型含め、入口の狛犬にそっくりだと優花はいつも思う。

「どうもお疲れさまです」

 悪魔が愛想よく言った。

「……何しに来たんですか」

「もちろん御挨拶に。差し入れです」

 和菓子店の手提げ袋を持つ、その手首から先が――真っ黒い。

 それは染料で塗りつぶした黒ではなく、空洞の闇。そこだけ世界が裂かれ、裏側の穴がのぞいている魔境の輪郭。

 彼は、正真正銘の悪魔である。

「このみたらし団子、おいしいんですよ?」

 全身から信用のできない気配がにじむ。

 ただの胡散臭い人間に限りなく似た―――別のいきもの。そのわずかな齟齬が不気味で、体の芯を寒くさせる。

 優花が動かずにいると、彼はむき出した歯を隠し、袋を引いた。

 なぜ優花が今、世界から忘れられているのか。

 それは、彼と交わした一つの《契約》が関係している。

 それは、優花の魂を担保に彼女の願う奇跡を実現させるために乗った―悪魔との賭(かけ)。

 その勝利条件は、契約の力によって消失された存在の回復。優花のことを他人に思い出してもらう。

 具体的には、


『三〇日以内に、新海良史が星月優花を思い出すこと』


 である。

 もし負ければ、彼女の魂は悪魔のものになる。

 そうしてまで、優花が叶えたいこと。希(こいねが)う奇跡。それは―――……




 事故で死亡した新海良史を生き返らせること、である。  


七月隆文・著/前康輔・写真

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

天使は奇跡を希う 七月隆文

100万部突破の大人気作『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の七月隆文、最新作。note×「別冊文藝春秋」同時連載
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。