「天使が天国から落ちてきたってアレだな! マンガだな!」――「天使は奇跡を希う」038

第3話 好きだからだ 

   1

 ぼくたちは健吾の部屋にいた。

 古い木の匂いのする八畳間に絨毯を敷いた部屋には、必要最小限の家具が飾り気なく置かれている。細い本棚には少ないマンガと、もっと少ない小説と、少年野球時代の写真と盾と、一瞬ハマったというプロペラ機のプラモが二機。ぼくにとっては、すっかり見慣れた風景だ。

「やー、マジほっとした」

 健吾がベッドに寝転んでいる。自分の部屋の気楽さでごろごろしつつ、

「天使が天国から落ちてきたってアレだな! マンガだな!」

「声でけーよ」

 ぼくは注意した。下におばさんもいるのだ。

「あとそれ、さっきも言った」

 健吾が口許に手をやったあと、大きく朗らかにはにかむ。

 存在が太陽だった。全体的に大きい感じがして、春の陽みたいに柔和だったり夏の陽みたいに熱くなったりしつつ、どこか抜けていたりもする。

「でもなんで俺たちにだけ見えるんだ?」

 健吾の疑問は、ぼくたち全員の思いだった。

「星月さん思い当たること、ない?」

「それは……えーと……」

 健吾の問いに、彼女はそわそわと悩み、

「ぎゃっふーう!」

 ぼくの二の腕にパンチした。

「なんでだよ!」

 ぼくのツッコミに笑いつつ、

「ユーカにもわからないよ」

 とりあえず、そういうものと受け止めるしかないらしい。


七月隆文・著/前康輔・写真 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

天使は奇跡を希う 七月隆文

100万部突破の大人気作『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の七月隆文、最新作。note×「別冊文藝春秋」同時連載
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。