星月さんが言ったとき、ぼくはふと、忘れていた本題を思い出す。「そういや帰れなかったな、さっき」 ――『天使は奇跡を希う』021

 第2話 お前もなのか

   1

 ぼくたちは来島海峡(くるしまかいきょう)大橋を渡り、隣の島にたどり着いた。

「わ、見て! 海すごい!」

 大橋から島へ上陸するスロープを下っていると、島の景色が回りながら低くなってくる。

「わ、いい感じ! 映画みたい!」

「うん」

 はしゃぐ星月(ほづき)さんに相づちを打つ。

 潮風にさらされた木の電柱、傷みのないアスファルトの道が島の情緒に溢れている。

 開けた空と海、碧く透きとおる浅瀬。砂浜がびっくりするほど狭い。たぶん幅一メートルもない。

「波がないからなのかな?」

「瀬戸内海って、こうなんだよな」

 ぼくも二度目の引っ越しで理解し、驚いたことだった。

 たぶん打ち寄せる波がないから、砂も溜まらない。

 防ぐための堤防も形だけみたいな低さで、家も裏口からそのまま海にどぶんといけそうな位置に建っている。

「あそこの道路なんて、子供が普通に飛び込んだりしそうだよね」

 学校帰りにやりそうなイメージが湧く。そのぐらい、歩く道と海が近い。

 ぼくたちはスロープを下りきり、島に上陸した。

「次は亀老山(きろうさん)展望台だね」

 星月さんが言ったとき、ぼくはふと、忘れていた本題を思い出す。

「そういや帰れなかったな、さっき」

 来島海峡大橋。

 抜けるような青と白と海の色――翼の音を聞きながら、このまま天国へ続いていきそうだと思えたあの場所を渡っても、星月さんは変わらずぼくの後ろに座っている。

「んー、そうだね」

 彼女はぼんやりと返し、

「最初はこんなもんでごんす」

 わけのわからない語尾を使った。

 ぼくはスルーでペダルを漕ぎ続ける。彼女がぺしんと背中を叩いた。


七月隆文・著/前康輔・写真 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

天使は奇跡を希う 七月隆文

100万部突破の大人気作『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の七月隆文、最新作。note×「別冊文藝春秋」同時連載
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。