その瞬間、彼女の姿が異様なくらい儚く映った――「天使は奇跡を希う」048

 港では、横一列につながれた小型ボートが波に合わせて揺れている。

 ボート同士がぶつからないよう挟まれた発泡スチロールの浮がそのたびに擦れ、きゅきゅ、きゅきゅ、と鳴った。

「海鳥みたいに聞こえるね」

 隣で星月さんがつぶやく。夜の海を背景に、ほんのり青白く浮かんだ丸い頰。

 自転車を押しながら、彼女と二人きりで夜道を歩いている。

 この時間がずっと続けばいいのに。本気でそう思った。

 どうしてだろう。

 そのときぼくはふと、成美と過ごしていた夕方の気分を思い出してしまう。

 神社に向かっているときから新刊のことばかりが頭にあって、並んで石段を上っているときも、話してるときも、早く終わらないかなとずっと考えていた。

 ――ぜんぜん違う。

 成美といるときは、一度も今みたいな気持ちになったことがない。

「新海くん」

「……なに?」

「新聞、面白い感じになったね」

「そうか?」

「うん」

 こんなどうでもいい会話が、たまらなく楽しい。

「ミッション、いろいろやったね」

「ああ」

「まず、しまなみ海道をサイクリングしたね」

「すげかったな」

「神様いそう」

「いそうだった」

「ナルちゃんと越智くんも一緒に、市民の森に行った」

「蓮がグロいって言ってたな」

「パンの袋が風で飛んで」

「そのあとガストで駄弁(だべ)って」

「タオル工場を見に行った」

「あのとき、なんで泣きそうになってたんだ?」

「たぶん誰かがユーカの噂をしてたんだよ」

「なんでそれで泣くんだよ」

「平成ではそうなんだよ」

「意味わかんねえ」

 笑いあう。

 向かいから、軽自動車のヘッドライトが近づいてきた。

「新海くん、車」

 ぼくのシャツをつかんで、内側に引いてくる。

「大丈夫だって」

 車がホワイトノイズのような音とともに近づき――通り過ぎていく。

 星月さんがゆっくりと手を離す。ぼくはひそかにどきどきしていた。

「……ミッションやってるときね、よく変な感じになるの」

「変な感じ?」

「前にも同(おんな)じことあった気がするなあって」

「既視感(デジャブ)?」

「うん。……新海くんは、そんな感じにならない?」

 ぼくに振り向き、窺うように首を傾げてくる。その仕草に心がちょっと弾みつつ、

「……べつに」

「なるよ」

「なんねーよ」

 わきに銀座商店街の入口が見えた。

 ぽっかり白いアーケード通りは、こちら側が終点なこともあり本格的なシャッター街だ。真夜中の今は不安にさせる空虚さが漂っていて、ぼくはそこに入らず、奥の大通りを目指した。

 あと少しで、駅に着いてしまう。

「そっか」

 星月さんがなにげないふうにつぶやく。

 そして、花がしおれるような自然さでうつむく。華奢なうなじに骨が薄く浮かぶ。

 なんだろう――

 その瞬間、彼女の姿が異様なくらい儚く映った。

 消えてしまうんじゃ、という印象がよぎって、彼女がいずれいなくなる事実が初めてリアルに迫ってきた。

 そう。彼女は、天使。

 ミッションが成功すれば、天国に帰ってしまう――

 ついさっきまで満ちていた幸福感が消し飛び、体中が焦りで蝕まれる。

「………ミッションさ」

 話しかけると、彼女が見てくる。ぼくは逃げるように目を逸らす。

「どうしても成功させなきゃいけないのかな」

 自分の硬い声が夜気を滑る。

「天国、絶対に帰んなきゃいけないのか? そういう決まりとか、あるのか?」

 このとき、ぼくは自分の気持ちをはっきりと自覚した。

 眠りについたような大通りに、橙色の街灯が寂しくともっている。

 隣から、何も聞こえてこない。

 間に耐えきれず振り向くと───

 星月さんは、微笑んでいた。

 これまで見たことのない、なんとも言えないかなしいまなざしをして。

「うん」

 はっきりと、言う。

「このミッションは絶対に成功させなきゃいけないの」

 強い意志のこもった鋭さに、ぼくの心が小さく裂ける。

 それは切り傷みたいに、長い時間チクチクと疼くだろう。

 なぜなら、とても単純で。

 ぼくは星月さんのことが、好きだからだ。


七月隆文・著/前康輔・写真

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

17

天使は奇跡を希う 七月隆文

100万部突破の大人気作『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の七月隆文、最新作。note×「別冊文藝春秋」同時連載
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。