左耳にふれる彼女の声が、ぼくの体の中をふわりとさせる――「天使は奇跡を希う」045

   3

『今治タオル工場探訪記』

『フジグラン、ミスドがやたら強い問題』

 ノートパソコンの画面に、記事のレイアウトが表示されている。

 ぼくたちは部室で新聞の編集作業をしていた。

「写真、このへんか?」

「そうね」

 いつものように成美と横並びになってソフトを操作していると、

「おおー……」

 うしろからのぞき込む星月さんがストレートに感嘆する。

「すごい、ほんとの新聞みたい!」

 左耳にふれる彼女の声が、すぐ近くにいるという感覚が、ぼくの体の中をふわりとさせる。春の空気を吹き込んだ風船みたいに。

「べつに編集ソフトでやるだけだし」

「わたし、こういうのぜんぜんだもん」

 ちょっとした会話で、ものすごくテンションが上がる。

 あの工場見学のとき以来、ぼくはこんなふうになっていた。

「ちょっとだけやってみるか?」

 そして懸命に、なんでもないフリをしていた。

「さわったとたん、ボンッ! ってなったりしない?」

「昭和かよ」

 こうしてツッコむやりとりが、きれいな石をみつけたように嬉しい。

 ぼくは席を立ち、星月さんに座るよう促す。

「じゃあその見出しを選択して、クリックしたまま下に……スマホやってるから、わかるだろ?」

「こう?」

「そう。で、そこでフォントいろいろ変えられるから」

「あっ、字の形が変わった! へえーっ」

 変わっていくフォントの形を見ながら、ほう、と言ったり笑ったりする。その声が、横顔が、眩しかった。

 ガララッ。

 引き戸が勢いよく開く。

「おーやってるな」

 健吾がユニフォーム姿のまま入ってきた。

 今日は普通に野球部だけど、時間をみつけてはこうしてまめに顔を出す。

「何やってんの、ほづきち?」

 星月さんの横から画面をのぞき込む。

「パソコン教えてもらってたの」

 二人の口調はすっかりくだけている。

「『今治タオル工場探訪記』ねぇ」

 読み上げた健吾がにやりとし、

「ちょっといい?」

 身を乗り出し、タイピングを始める。その肩が星月さんとくっつく。ぼくの胸がチクリとする。

 健吾が見出しに、こう言葉を付け足した。

『今治タオル工場探訪記 ~あっ、やわらかい~』

 星月さんが、ぷっと吹き出す。

「……あっ、やわらかい……ふわ、ふわぁ~」

 健吾が、もはや原型ゼロのモノマネをする。

「ふわあーーー」

 とたん、星月さんが大口を開けてのけぞった。声を出さずに上体をがくんがくん震わせて笑っている。

「……ご、ごめんっ……ナルちゃん、ごめんねっ」

 星月さんは謝りつつ、まだ息苦しそうにしていた。

 健吾がそこまで彼女からウケを取ったのが悔しくて、なんだか焦って、ぼくもなんとかして彼女から笑いを取ろうと頭を回転させる。と、ぼくはなにげなく視線を移し――

 成美と目が合った。

 瞬間、成美はただの偶然とばかりついと逸らす。

 そういえばこのときまでぜんぜん成美を見てなかったと、ふと思った。

「やめてよ」

 成美が健吾のタイプした字を、一字ずつ削除している。


七月隆文・著/前康輔・写真

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

別冊文藝春秋

株式会社文藝春秋が発行する、1946年に創刊された文芸誌。2015年5月より完全電子化。偶数月20日発売です

天使は奇跡を希う 七月隆文

100万部突破の大人気作『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の七月隆文、最新作。note×「別冊文藝春秋」同時連載
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。