見出し画像

小説「冬の蜃気楼」の読後感【読書日記】

『冬の蜃気楼』 山田太一著

同世代の著者の小説も読みますが、読み切れないことが多々あります。

人物の描かれ方が希薄に思えて、登場人物の造型に魅力が感じられないことがあります。だから最後まで読めないことが多いです。

先日、図書館に入って書架を眺めていると、目に留まったのが「冬の蜃気楼」でした。山田太一氏の著作です。装丁が何とも言えず、素敵です。

以前「飛ぶ夢をしばらく見ない」という題名の小説を読んだことがあるですが、ロマンチックな着想に驚いて、内容を今でもよく憶えています。

で、「冬の蜃気楼」という題名の小説を借りました。1958年、東京郊外の映画の撮影所を舞台にした作品です。

著者の体験が色濃く滲んだような作品に思えました。もちろん小説ですから実と虚が入り混じっているわけですが、人物の造形に深みがあり読みやすいです。好きな小説の一冊になりました。

※本文をクリックすると、幸田 玲・著書ページが開きます。

いつもnoteを読んでいただき、ありがとうございます。これからも、よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

わたしもスキです!! ヾ(´▽`*;)ゝ
2

幸田 玲

小説を電子書籍で出版しています。よろしくお願い致します。 アイコン画像は「ガネーシャ像」で、ヒンドゥー教の神の一柱です。 因みに、わたしは自由思想家です。 Twitter: https://twitter.com/bestplanning
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。