見出し画像

エンジニア向け無料バーを開く理由

はじめまして、ばるーんです。
このたび3/18から、エンジニア向けの無料バーのBarloonをオープンすることになりました。(読み方はバルーンです)
簡単な自己紹介と、なぜ無料バーをオープンするのか?っていうところ書いていければと思ってます。

【2019/3/30 追記】
Barloonオープンしました!
店の様子が気になった人は#Barloonで見れます。

自己紹介

あらためましてばるーんです。
自己紹介するときはナカタです、っていってます。
いままではフリーランスとして、フロントエンドまわり(主にReactやReact Native)をやっています。
とくにReact Nativeは2016年の頭から案件でやってるので、経験だけは長いです。
その関係で、2016年の4月からReact Native JapanっていうReact Native Meetupを運営しているコミュニティを主催しています。

Barloonのきっかけ(コミュニティ)

おかげさまで毎回いろんな方にご参加いただいて、懇親会含めてけっこう盛況しているかなと思っています。
とくに懇親会は、参加者の50%程度は毎回ご参加いただいており、会場の退室時間になっても話し込んでいる方が数十名単位でいます。
このミートアップの運営を通じて思っていたことは、意外とエンジニアってリアルでの対面コミュニケーションを求めているんだなあ、ということです。

そしてもう一つ言えることは、ミートアップのメインコンテンツである発表やLTって事実上あまりメインコンテンツになっていないんじゃないか、ってことでした。
結局みんなが知りたいような情報って、発表はされずに懇親会で話されることが多いなあと。
それならば最初から懇親会やったほうが、密度の濃いミートアップができるかも、と思ったのがBarloonのきっかけのひとつです。

Barloonのきっかけ(協賛)


ミートアップを運営していくなかでさまざまな企業の方に協賛いただいてます。
そのなかで企業の方に発表をお願いすることもあるのですが、協賛した結果何に効果があるのかほぼわからないなあと思っていました。

協賛費用としてお金を頂いているのに、効果が見えない。
ミートアップで採用LTをして具体的に何名の方が応募してくれたのか?
サービスの説明をして何名が利用登録をしてくれたのか?
このあたりが明確にすることができていないなかで、協賛費用をいただくことに対して、なんとかできないかなあと考えていました。

エンジニアのスキルアップ

こういった課題に対して、もうエンジニア向けの無料バーつくったほうがいいんじゃね、って思い、つくりました。
懇親会と同じ形式で缶ビールやチューハイ、ちょっとしたおつまみも無料で提供します。
(現状だとしょぼいですが、運営に余裕ができればいろいろ拡充していきたいです)

3,4月は不定期ですが、5月以降は常設の店舗として毎日オープンしていく予定です。(場所は渋谷近辺)
そうすることで、いままではミートアップがあるときにしかコミュニケーションとれなかったのが暇な時間があればBarloonに来て、自由にエンジニア同士でコミュニケーションをとれるようになります。

そのほうが、エンジニア同士での知識共有も捗るし頻度も増えるのでエンジニアのスキルアップにつながるんじゃないかと思っています。

あたらしいことのきっかけにしたい

こんな感じのコミュニケーションが増えることで、一緒にサービスつくったりOSSに関わったりみたいな流れが生まれていけば理想です。

そのなかのひとつとして転職もあるかなと思っています。
いちエンジニア同士がコミュニケーションをとっていくなかで、相手の企業に興味が生まれて転職する。
こういう形が理想的な転職だと思っていて、Barloonはこの形を推進していく場にしていきます。

また、採用というところで無料バーを運営していくための資金を捻出していくための仕組みにもなっていくかなと考えています。

Barloonについて

Barloonについてですが、エンジニア向けの無料バーです。
エンジニア限定にするために審査させていただいています。
審査フォーム
エンジニア以外の方でも参加できるようにしていきたいので、デザイナーやビジネス職の方もフォームからお送りください!

審査は対象でない方をはじいているだけなので、エンジニアということがわかれば承認します。
一度承認されれば、いつでも来ていただけます!

場所は渋谷近辺で、3/18から不定期にオープン予定です。
時間は19:00-23:30です。
(詳細は審査通過された方にご連絡します)

また、持ち込みも自由です!

費用について

すべて無料で提供しますが、赤字です...
個人の方のカンパをお待ちしております!

企業の協賛について

協賛ですが、チラシを置いたりするなどの協賛もやっていきます。
ただ、上にも書きましたがそれだと効果が見えないため、企業の方として難しい部分があるなあと思っています。

どの企業の方もエンジニア採用には困っており、工数もかかると聞いています。
1. エンジニアにたいしてスカウトメッセージを作り込んだ上で、送る
2. スカウトメッセージに返答があれば面談の機会がある
3. 面談の結果、双方が納得すれば採用

これは、エンジニアも企業も嬉しくない状況になっていると思います。
エンジニアはよくわからない企業からメッセージがきて、本当に興味ある企業からの連絡が埋もれる。
企業はエンジニアの方のプロフィールを読み込んで、スカウトメッセージをつくり、返答があればようやく面談につながる。

そうではなく、エンジニアの方も企業の方もBarloonに来ていただいて、ぶっちゃけた話をお酒を飲みながら話し込んでもらえればと思っています。
エンジニアの方は、リアルな技術や企業の話を聞きながら、興味ある企業があれば転職することもできる。
企業の方は、スカウトメッセージをつくりこんだりせずに、時間を気にせずBarloonにいるエンジニアの方とお話ができる。

こういう形のほうがお互いの魅力が伝わりやすいと思うんですがどうでしょう?
興味ある企業の方はTwitterのDMか、お問い合わせからご連絡ください!
(採用以外に関してもご相談させていただきます!)
Twitterアカウント: https://twitter.com/besutome
お問い合わせ:https://goo.gl/forms/RrNjCS4vpyIPHiJn2

まとめ

つらつら書いてきましたが単純に、エンジニア向けの無料バーやるので皆さん来てください!
入店審査はこちら 審査フォーム

赤字なので企業、個人の方問わず協賛・カンパをお願いしております!
常設店舗としてやっていければと思ってますので、ご協力お願いします!
(企業の方はTwitterのDMもしくはお問い合わせからご連絡ください!)
[企業の方]
Twitterアカウント:https://twitter.com/besutome
お問い合わせ:https://goo.gl/forms/RrNjCS4vpyIPHiJn2
[個人の方]

これからBarloonをよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

168

ばるーん

エンジニア限定バー、Barloonを運営しています。 ポートフォリオ:https://www.resume.id/besutome

#エンジニア 系記事まとめ

noteに投稿されたエンジニア系の記事のまとめ。コーディングTIPSよりは、考察や意見などを中心に。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。