ベタの散文詩

7
ノート

ここ飛び降りたら死ねるよね

私、小学校高学年で市内なのに引っ越して転校させられたんだけど

その通学路に

複数の線路をまたぐ大きな青い陸橋があって

小学生の頃は私小さくてひ弱だったから

一生懸命登って降りるの、毎日大変だったのだけど

毎日懸命に登って降りて、通学してました

そのてっぺんから周りを見渡すと

その先は2つの学校(小学校、中学校)と2つのグラウンド、2つのサブグラウンドと

緑に包まれた大きな古墳があっ

もっとみる
デュアルオーロラウェーブ!
20

妹…?

この子は何だろう?

ずっと一緒に住んでるけど

どこの子だろう?

って幼い頃、思ってた

それは妹だったのだけど

親からそう聞いたから妹なのであった

それ以外の情報は皆無であった

生まれた病院が違う、
くらいしか知らなかった

幼い頃から気が合わず

よくおもちゃの取り合いとかで喧嘩になって

私は負け続けた

だって、叩いたら痛いんだし可哀想じゃない?

だから

もっとみる
レッツプレイ!モジュレーション!
15

愛とは?

愛ってね

損失の嫌悪だよ

失って初めて気づくもの

失いそうになって、または絶頂期に「愛を感じる」瞬間って単に「失いたくない」と考えた瞬間だったりしませんか

それを損失の嫌悪、という。

経済学の用語だよ

ほら、愛が嫌になってきたでしょ?笑

それにね

大脳生理学で散々調べたんだけどね

愛、という脳波は無いんだよ。

好きはあるけどね

残念

もっとみる
デュアルスピリチュアルパワー!
9

幼い頃 実家で寝かされながら じっと外の音を聞いていた感じ

幼い頃

私は体がそんなに強くなかったのか

冬は冷え込む地方の実家に行きつくと

まず疲れすぎてるので

まず布団をひいて寝かされる、が常でした

まだお外は昼下がり

薄暗い和室の真ん中で

じっと天井を見つめていて

じっと外の音を聞いていて

ただしんみりとしたこころもちで

外で遊ぶ兄達の声

狭い路地を通る車の音

玄関のピンポンの音がし

もっとみる
プリンセスエンゲージ!
16

友達って何?

友達って何だろう?

私友達がいなかったから、分からない

一緒に遊んだり

遊んで楽しかったり

よくおしゃべりしたり

どこか好きなところがあるから友達なのかなって
想像してるんだけど

分からないけど

皆さんにとって友達って何ですか?

どうすれば友達になれるの?

分からない

昔はいたんだと思う…

中学生の時、私は転校生だったけど、仲の良い

もっとみる
オープンマイハート!
11

聞いたことの無い音

叔父さんが別荘に来ていたので会いに行った。

叔父さんはピアニストや作曲家として有名で紅白にも出たことがあって

一族の誇りでしたし、私も尊敬してた。

すごい外車に乗って楽しいお話しをいっぱい聞かせてくれて

よくピアノも弾いてくれて

叔父さんが作った代表曲はピアノソロなのに交響曲のような壮大な音を聴かせてくれて

幼い頃からそんな叔父さんが大好きでした。

そんな

もっとみる
キュアップ・ラパパ!ミラクル・マジカル・ジュエリーレ!
15

初めてのデート?

私こんな性格だったから

なかなか人を寄せ付けなかったけど

学校では私のファンクラブもあったらしく?

私を知らない人たちからは

たくさんラブレターらしきものをもらってた

読まずに全部捨てたけど

次第にラブレターが増えていったのは

多分無視された腹いせのいたずらかなって思ってる。

そんな私も人よりだいぶ遅いけど

何故そうなったか忘れたけど

なにやらデートをすることになって

それは

もっとみる
プリンセスエンゲージ!
13