ベタの散文詩

4
ノート

もしも

もしもこの世にヘッドホンの類が無かったなら
電車の中は音楽であふれて
騒がしいったりゃありゃしないけれど
好きな音楽を見つけて話しかけたりもするのだろう
クラブではDJに彼が集中していても聞けば親切に答えてくれるんだし…、きっと。

もしも人々の心がテレパスでつながっていたなら
思ったことはお互いにダダ漏れで
うっかり変なこと考えるわけにはいけないけれど
本当の気持ちを伝えるのにためらうこともなく

もっとみる
オープンマイハート!
20

いつもひとり

映画を見るときも

いつもひとり

お茶するときも

いつもひとり

お買い物するときも

いつもひとり

ビリヤードするときも

いつもひとり(一人用のルールがあるの)

シューティングレンジに行くときも

いつもひとり

引っ越しを決めるときも

いつもひとり

転職を決めるときも

いつもひとり

山道をドライブするときも

いつもひとり

ゲームセンターで遊ぶときも

いつもひとり

好き

もっとみる
キュアップ・ラパパ!ミラクル・マジカル・ジュエリーレ!
22

幸せと涙と2

ほっといてごめんね。

お水を変えてなくてごめんね。

ちゃおちゅーるを変えてなくてごめんね。生前はカリカリしかあげてなかったのに、でもちょっと高級のだったからか、きみはそれを喜んで食べてたけれど。そもそも他の生のもの、ちゃおちゅーるとかかるかんとかをあげたこと無かったので他の味を知らなかったから食事にわがまま一切きみは言わなかったかもなのだけど。

ほこりをかぶしたままでごめんね。

あれから二

もっとみる
オープンマイハート!
18

日曜日はプリキュア

何か勘違いしてるんじゃなかろーか

私ずっとアイスティーのストローをくるくるしてるんだけど

かたひじついて

あなたの話しを聞いてるんだけど

あなたをずっと両目で見つめて

表情で反応しつつ

へー、そうなんですかー?

それはすごいですね!

よく言えましたねそんなこと!

へー

ふーん



…ふーーん…?

私ずっとアイスティーのストローをくるくるしてるんだけ

もっとみる
ラブリンク!L・O・V・E!
24