見出し画像

ベテルギウスは爆発して

最近穏やかじゃない宇宙

 穏やかな銀河(?何ソレ)がクエーサーに一ヶ月で変化した、しかも同時期に6つの銀河で、というすごごご〜い!(あ、キラやば〜☆、かw)天文ニュースが飛び込んできた。

*クエーサー…深宇宙でしか発見できていないから明確ではないけれど、高速で宇宙で最も明るいビーム、を発射しながら回転している巨大な天体。銀河(どれも中心に巨大ブラックホールがある)がその自重で潰れた成れ果てらしい。ビームは遠くまで届くため、もし地球に直撃したらヤバイ。(ベタ風説明)

 あれ?でも…6つの安定していた銀河が同時期に、通常始まってから1000年以上かかると思われていたクエーサーへの変化が一ヶ月程で変化した。…とのことだけど、銀河が丸ごとクエーサーになったとしたら(いや半分としても)一つの銀河の直径は平均10万光年ぐらいなので、中心から事件が発生して周辺にその影響が伝わるのに最速で(光速で。それもありえないけど)5万年かかるよね。それが一ヶ月で、ということは、銀河のあらゆる地点で同時にクエーサー化(ブラックホール化)が起こったということか。それも、あらゆる地点で同時に発生させようという情報が伝わるのに同様に時間がかかるはず。なのでそれはあり得ない。…ということは、銀河の歴史のパターンとして、銀河の星々はほぼ同じ寿命を持つ(平均が100億年ほどの寿命だと思われてたけど、もしかして一律100億年、それが一ヶ月程度の誤差で?w)、というセオリーでもあったの?興味深い。

 また全宇宙の6つの銀河で最近これが発生した、というのは確率的に平均的な話しなのか、もしくはそれも影響しあったのか。でも銀河の距離は100〜500万光年ぐらいだろうから、それだけ影響しあうのに時間がかかるからやはり違う。ということはこれも、銀河レベルを超えて宇宙の同時的に起こるセオリーなんだろうか。

 …それなら、近いうちに我らが天の川銀河も明日にでもその寿命が来て崩壊、クエーサー化があり得るとか?もしかしてこれって宇宙の相転移の始まり?胸熱w 全人類宇宙人死ぬけど。

*宇宙の相転移…相転移とは、水が氷になるような物質の「相(状態)」の変化のこと。それが全宇宙規模で突然起こる。全分子崩壊。宇宙発生時にも起きたが、今後いつ起こるか、起こらないのかも分からないと言われていて、その時期が100億年先なのか一ヶ月後なのかも不明。(ベタ風説明)

 他にもこれが、熱い!観測史上2度目、太陽系外からのお客様(天体)が飛来。すごくすごーく遠くの宇宙から、太陽の重力に引き寄せられてやってきた、のか、どこかで跳ね飛ばされてすごくすごーく低い確率に当選して偶然こっちに来たのかは分からないけど、今度は彗星。その確率の低さから、不自然な形状(棒状)から、前回(二年前)の小惑星「オウムアムア」は、もしかしたらUFO偵察機なんじゃないかともささやかれた。最接近するのは12月28日。宇宙人が乗ってないか、期待して続報を待とう。

 他にも、ついにアメリカがUFOを発表?いや違うんだけど、けど…
米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める(9月19日)
 とか、何やら最近の宇宙は穏やかじゃないみたい。

 …と、かくいう私は小学一年生の頃からお星様の話しが大好きな話しは、ここでしたよね。

  そんな私が幼い頃から好きだった星座は冬のオリオン座でした。皆んな知ってるよね。

ベテルギウスは爆発して

画像1

License Notation:
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Orion_cut_of_Hubble_heic0206j.jpg
https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/

 オリオン座の特徴といえば、この左上の赤い星、一等星のベテルギウス、巨大な赤い星と言われてる。そして右下の白い星、0等星(もっと明るい)のリゲル。そして真ん中の3つ並んでる「3つ星」、その下に縦に細かく並んでるところには、「M42 オリオン大星雲」もあります。またオリオン座のM78星雲にはウルトラマンが住んでます。

 このベテルギウスが、2009年には観測の結果、近々爆発するんじゃないかって言われて騒がれました。大きい星は寿命が来ると「超新星爆発」を起こして吹き飛びます。その際にものすごく明るくなって、最後には冷えてブラックホールになったりする。ちなみに我らが太陽は、そこまで大きくないので、ある程度赤く膨張した後に冷えて小さくなる(爆発しないなら一安心…いえ、地球は熱に飲み込まれるし冷えた後も生き残れない。10億年後には絶滅!)。

 その可能性は今でも消えてなくて、いつ超新星爆発が起こるか分からない。オリオン座からベテルギウスが無くなるのは寂しいけど、一瞬猛烈に明るくなって、その後も数ヶ月の間、月よりも明るく輝く天体ショーが観れます。ベテルギウスは650光年の先にあるので現実にはもう爆発してるかも。観たい!
 お願い!私が死ぬまでにベテルギウスは爆発してよ!

 そうだ、その超新星爆発の場合も、「クエーサーのビーム」のようなエネルギー照射、「ガンマ線バースト」が発生して、これもまた運が悪ければ地球に直撃するかもしれません。ベテルギウスは結構近いので、当たる可能性が無視できない程度にはある。そしたらオゾン層が一瞬で吹き飛ばされて危険な「宇宙線」が降り注ぎ、はい絶滅。

 そんな危険もあるけれど、死ぬ価値あるよね、それぐらいの天体ショーが観られるなら!

 …人類て(何様だ私)戦争以外では絶滅したり凄いことにならないと思ってそうだけど、無数にある多次元な宇宙には(スピリチュアルな話じゃないよ、理論物理学)滅んでいくものもある。我々の住むこの宇宙が決して特別に祝福された永続的なものなんかじゃ無いって、私信じてる。

 人が、必ずしも幸せになれないように。


 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

楽しい哀しいベタの小品集 代表作は「メリーバッドエンドアンドリドル」に集めてます

56

ベタココッテ

私は熱帯魚ベタ、美しいヒレはご主人様のためだけにあるの。他の大きなヒレのある魚は許せない、ここは私だけのアクアリウム。代表作はマガジン「メリーバッドエンドアンドリドル」に。お気に入りは「VeryBest」「誰よりも」に。フォローアンフォローブロックスキ嫌い引用コメント御自由に。

ベタのショート集

散文詩じゃ無いものを。ていうか散文詩が何なのか本当に分かっていません!内容は、エッセイ、自伝的なもの、創作的なもの、作曲した音楽の紹介その混合等様々ですが、特定な自白は控えさせて頂きます。
1つ のマガジンに含まれています

コメント8件

ダラズさん
高速を超えることは重さが無限大になるから難しそうだけどもし他の星にワープ出来たら過去の自分が見れますね…!量子もつれTVカメラを設置しても遠隔で自分たちを見れそう。
真田さん
それどっかで聞いたような…w
その前に氷河期到来か温暖化の海面上昇か、地磁気の逆転か…!楽しみは尽きないですね!
ポールシフトはガンマ線バーストより見れる確率は高いとは思います。地磁気弱くなってるし。1999年で地球滅びるというのをガチで考えてた世代なんで、はよ見たいなぁ。と。できたら茶碗蒸しと、うな重食べながら鑑賞したいんだけど。
真田さん
ポールシフト楽しみですよね。全滅までは行かないだろうから、生き残ってディストピアを見るのも、私の夢。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。