見出し画像

コンチキチン

幼い頃

私は体がそんなに強くなかったのか

夏なのに

いつも少し涼しい家で無条件に寝かされていたのだけど

いつもこの季節になると、窓の外から聞こえてくる音……

コンチキチン

それが何なのか分からなかったのだけど、とても不思議でした

コンチキチン

それはざわめく大きな人たちの喧騒と一緒に

窓の外にたくさんの人たちと大きなナニカが

ゆっくり、ゆっくり

いくつも、いくつも

大きなナニカが

通り過ぎて言って

コンチキチン

とても不思議でした

でも、毎年その日の夜は、ケーキをご馳走になるの

それと、その時だけもらえる、笹の葉で包んだお餅のお菓子、チマキ

もうお腹いっぱいで苦しいんだけど

みんなで食べたから、私、気がつかなかったけど

今は分かるけど

コンチキチン

それは私のためだけにお祝いしてくれてる行事なんだって

お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん

兄さんたち、妹

その日はみんな優しかった

コンチキチン

これが終わると、夏が来たって思えるの

京都の、夏が



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

楽しい哀しいベタの小品集 代表作は「メリーバッドエンドアンドリドル」に集めてます

デュアルオーロラウェーブ!
17

ベタ シャーデンフロイデ

私は熱帯魚ベタ、美しいヒレはご主人様のためだけにあるの。他の大きなヒレのある魚は許せない、ここは私だけのアクアリウム。代表作はマガジン「メリーバッドエンドアンドリドル」に。お気に入りは「VeryBest」「特別好き」に。フォローアンフォローブロックスキ嫌い引用御自由に。

ベタの散文詩

楽しい哀しい ベタの小品集 他のも見てね。 散文詩、自由詩、ポエム、エッセイ?ジャンルは正直よく分かりませんが…。フィクションとノンフィクションのはざま、プランク時間以下に目覚めた電気信号を言語化してみたよ。

コメント2件

あぁ山鉾ですね〜。夏の記憶です。
昔はゴジラかガメラかと思ってました…
山鉾ってよく見るといろんな種類があるんですよ!お気に入りを見つけたい
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。