見出し画像

妹…?

この子は何だろう?

ずっと一緒に住んでるけど

どこの子だろう?

って幼い頃、思ってた

それは妹だったのだけど

親からそう聞いたから妹なのであった

それ以外の情報は皆無であった

生まれた病院が違う、
くらいしか知らなかった

幼い頃から気が合わず

よくおもちゃの取り合いとかで喧嘩になって

私は負け続けた

だって、叩いたら痛いんだし可哀想じゃない?

だから私はやられ続けた

妹の行動や主張に論理性はなく

何を言っても反抗するか反発するかで

まともに会話が成立したことがなく

喧嘩になると私が泣きながら負けてお母さんの元へ逃げるまで止められなかった

あまり一緒に遊ばなかった

なぜか別々に扱われていて

二人で一緒に連れられていくことも無かった

1歳違いなのに

妹は友達はいたようだけど

あまり安定していないようだった

私と逆で勉強はからきしだめらしかった

学校でも会うことは滅多になかったけど…

見かけたときは

いつも薄暗い廊下の真ん中で

妹は突っ立って

遠くから私を見つめていた…

そうして私たちはすくすくと育って

私のことは他で述べているから置いておくけど

私たちは家族なのに赤の他人同士のようだった

ある時、中学生のころ、母が私に唐突に、

その切り出し方も今思えば奇妙だけど

これがあなたの妹よ

と1枚の写真を見せてきた。

それは体操着姿でバスケットボールを抱えた長髪の美少女だった

私は驚いた

これが、妹…?

顔立ちは私とは正反対

私はしょうゆ顔の父の輪郭と優しい母の表情筋を得ていたが

その美少女は母の良いところを生き写したような姿だった

私は初めてちゃんと妹を見たような気がした

妹は小学生の頃はジャイ子のような姿形で性格も先に述べたようにあれだったのでそのことで男の子たちにもからかわれてたけど

中学生になってバスケ部に入って痩せて、激変したようだった

それで高校は付近で最低ラインの学校に行ったみたいだけど

母の話しによると

妹にもファンクラブができるほど噂の子で

わざわざ他の学校から男の子が見に来るくらい人気だった

性格は相変わらず論理は欠如していて私とは相容れなかったけど、社交的になっていた

たまに家で一緒にTVを見ていると、突然オペラ歌手のような声量と正確さで歌い始めて何が起こったのかと私を驚かせた

妹の行動は奇天烈だった

ところが高校生活はいろいろあったらしく

何を思ったか突然やめて地元から遠くの東京に一人で行ってしまった

そしてアルバイトで生計を立て暮らしてたけどうまくいかず

母が心配して見に行ったら気づいたらしいんだけど

ベッドを裏返したらズタズタに刃物で切り刻まれていたらしい

その後一時戻ってきたけどまた何を思ったかまた突然東京に行ってしまい

何とグラビアアイドルになってしまった

そういえば妹は高校の頃から洋楽のハードロックにはまってて

来日するたびにグルーピーとして彼らと付き合ったりしてて

さらにCMオーディションで合格してCMに出たり

全国放送のアイドル発見番組に出て歌ったり

地元の地方局の音楽番組ではそのハードロックグループのファンとして出演してからなんと以後レギュラーでMCを任されたりと

いろいろすごいんだけど

まあしかし我が家系は芸能人は親戚にも実は何人もいたのだけど

今度の東京ではグラビアアイドルになり

TVに出て、沢山の雑誌に乗り、写真集も作って、話題にもなり

そして脱いで

やめて

東京の地方都市のキャバクラで働き出して

あっという間に地域一番になったらしく

ある時、カタギの(笑)仕事でうまくいってる私に、誕生日にカッコつけたいからお姉ちゃん、薔薇を100本送ってよ

と言われて言われた通りそうしたけど

派手な生活で生き生きとしていたみたい

細かい情報は母から入ってくるのだけど

そのうちに店の人と出来て

その相手がお店のお金の給料を5百万ほど、持ち逃げして

追われる身となって

その間に子供が出来て

産まれて

じゃあ結婚しようということになり

実家に挨拶に来たこともあったけど

入籍時に、相手は実は既婚で他に子供も妻もいてまだ別れていないとも分かり

最悪(笑)

妹はぶち切れたけど

何とか別れさせ

実家に住んで結婚して子供も育てたけど

私は旦那さんは一度見たぐらいでまともに会ってないのだけど

そのうち彼にさらに他の女に子供がいて養育費も払ってることが分かり

さすがに妹はあきれ返り

今度こそ妹は彼と別れてシングルマザーとなり

妹は地元近くのキャバクラでまた働き始めて

やはりあっという間に地域一番となったらしい、すごい(笑)

その後妹は息子のことを真剣に考える良き母となっていき

将来を考えて勉強し

介護の資格を得て昼の職はそれに就き

夜はスナックで働いて人気となり

一家で一番真面目にやっている(笑)

息子もとっても良い子に育っている

でも今だに私と妹とは業務連絡ぐらいでほとんど話さない

それに妹は父とは全く話しているところを見たことがない 小さい頃喧嘩をしているのを見たことがあるくらい

そして私は妹とお正月などで会うたびいつも思う

全然似ていない、
この子は一体何なのだろう…?

ずっと妹ということだけど

どこの子だろう…?

そしてそんな時思い出す

小・中学生の頃

学校でも会うことは滅多になかったけど

見かけたときは

いつも薄暗い廊下の真ん中で

妹は突っ立って

遠くから私を見つめていた…

今、私は思う

私は、この子にとって何なのだろう…?

この子は私にとって何なのだろう…?

…と。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

楽しい哀しいベタの小品集 代表作は「メリーバッドエンドアンドリドル」に集めてます

良かったら1st「頭の上の、コトリたち」見てね
15

ベタ シャーデンフロイデ

私は熱帯魚ベタ、美しいヒレはご主人様のためだけにあるの。他の大きなヒレのある魚は許せない、ここは私だけのアクアリウム。代表作はマガジン「メリーバッドエンドアンドリドル」に。noteコレクションは「VeryBest」に。都内大手プロダクションで制作および管理などしています。

ベタの散文詩

楽しい哀しい ベタの小品集 他のも見てね。 散文詩、自由詩、ポエム、エッセイ?ジャンルは正直よく分かりませんが…。フィクションとノンフィクションのはざま、プランク時間以下に目覚めた電気信号を言語化してみたよ。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。