見出し画像

幼い頃 実家で寝かされながら じっと外の音を聞いていた感じ

幼い頃

私は体がそんなに強くなかったのか

冬は冷え込む地方の実家に行きつくと

まず疲れすぎてるので

まず布団をひいて寝かされる、が常でした

まだお外は昼下がり

薄暗い和室の真ん中で

じっと天井を見つめていて

じっと外の音を聞いていて

ただしんみりとしたこころもちで

外で遊ぶ兄達の声

狭い路地を通る車の音

玄関のピンポンの音がして

大好きなお母さんかお父さんが出る音

階下でわめいている妹の声

おばあちゃんおじいちゃんの気配

そんなのを聞いていて

まだお外は昼下がり

じっと天井を見つめていて

じっと外の音を聞いていて

ただしんみりとしたこころもちで

大好きなお母さんが来てくれるのを

じっと待ってた

ずっと待ってた

心配かけてごめんね、お母さん

私 強くなるから

きっと 強くなるから

お外で遊べるようになるから

みんなと遊べるようになるから

ただしんみりとしたこころもちで

いつもそう思ってた

お母さんがくると

私は半べそをかいてるのに気づくの

なんで泣いてるのか分からない

いつから泣いていたのか分からない

心配かけたくないのに

安心させたいのに

本当はもう大丈夫だから起きあがりたいのに

お母さんは優しい顔で

私を寝かしつけるの

私を寝かしつけるお母さん

今思うと

私はこの感じが大好きでした

幼い頃

実家で寝かされながら

じっと外の音を聞いていた感じ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

楽しい哀しいベタの小品集 代表作は「メリーバッドエンドアンドリドル」に集めてます

あんっ
16

ベタココッテ

私は熱帯魚ベタ、美しいヒレはご主人様のためだけにあるの。他の大きなヒレのある魚は許せない、ここは私だけのアクアリウム。代表作はマガジン「メリーバッドエンドアンドリドル」に。お気に入りは「VeryBest」「誰よりも」に。フォローアンフォローブロックスキ嫌い引用コメント御自由に。

ベタの散文詩

楽しい哀しい ベタの小品集 他のも見てね。 散文詩、自由詩、ポエム、エッセイ?ジャンルは正直よく分かりませんが…。フィクションとノンフィクションのはざま、プランク時間以下に目覚めた電気信号を言語化してみたよ。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。