6月のサンタクロース

なにやら不思議なの

気づくのはいつも梅雨の長雨が続いたあと

いつの間にか、町のあちこちの低いところに、

だだだだだだだだ…って

紫陽花だらけになっているの。

傘さして、下しか見ないからかな。

だから気づかなかったのかな。

花が咲くまではどんな姿をしてたのか

それが知りたくて、でも毎年、気づいたらそこに

だだだだだだだだ…って

紫陽花だらけになっているの。

もしかして

人知を超える 魔法の花で
咲いてからそこにあったのかな

もしかして

咲いてから誰かが持ってきたのかな

6月のサンタクロースみたいな人が……。

そして色が青から赤紫へ、また青紫から赤へいつの間にか変化しているのも

怪しく不思議で素敵

だだだだだだだだ…って

紫陽花だらけになっているの。

今年も楽しみですね♪


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

楽しい哀しい ベタの小品集 他のも見てね

ありがと…
15

ベタ シャーデンフロイデ

楽しい哀しい、熱帯魚ベタの作品集、代表作はマガジン「メリーバッドエンドアンドリドル」をご覧下さい。noteコレクションは「VeryBest」【宇宙/美術/映画/音楽/文学/プリキュア 】都内大手プロダクションで制作および管理などしています。クズです!スキ・フォローしてもいいのよ

ベタの散文詩

楽しい哀しい ベタの小品集 他のも見てね。 散文詩、自由詩、ポエム、エッセイ?ジャンルは正直よく分かりませんが…。フィクションとノンフィクションのはざま、プランク時間以下に目覚めた電気信号を言語化してみたよ。

コメント2件

ダダダ····と、紫陽花が増えるリズム感がおもしろかったです。
そんな気が、するの。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。