見出し画像

いずれ死ぬ話し

 今日は職場で、誰かと、いずれ死ぬ話しをしたんですが、誰としたんだったかな……。

 どうせ死ぬなら、隕石が降ってきて直撃して
瞬間的に蒸発して死にたいって言って。

「それ、分かります!」

「私もそんな風に死にたい」て言って。

 いつでもいいって。

 言ったと思うんだけど、

 誰としたんだったかな……。

 まるで気の合った恋人同士のような会話だったのだけど

 あれ?誰としたんだったかな??

 夢かなw

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

楽しい哀しいベタの小品集 代表作は「メリーバッドエンドアンドリドル」に集めてます

キュアップ・ラパパ!ミラクル・マジカル・ジュエリーレ!
20

ベタ シャーデンフロイデ

私は熱帯魚ベタ、美しいヒレはご主人様のためだけにあるの。他の大きなヒレのある魚は許せない、ここは私だけのアクアリウム。代表作はマガジン「メリーバッドエンドアンドリドル」に。お気に入りは「VeryBest」「特別好き」に。フォローアンフォローブロックスキ嫌い引用コメント御自由に。

ベタの散文詩

楽しい哀しい ベタの小品集 他のも見てね。 散文詩、自由詩、ポエム、エッセイ?ジャンルは正直よく分かりませんが…。フィクションとノンフィクションのはざま、プランク時間以下に目覚めた電気信号を言語化してみたよ。
1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

居眠りしてたのかしら、死ぬ瞬間は、わかっていたい気持ちもあります。
そうかも。
私が、職場で、誰かと楽しくお話しするなんて考えにくいし…
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。