就活オススメ本『多動力 堀江貴文』


本日も就活オススメ本を紹介します!


『多動力 堀江貴文』


堀江貴文さんの考え方は刺激的。これから社会にでる就活生は考え方を知ってて損なし。知らないと損!







例えばどんな考え方なのか…





1.自分が今、手掛けてるプロジェクトを書き出し、その中ですでに誰かがやってることを繰り返してないか?あなたにしかできない革新的なことをやれてるか?を問う。

2.下積みや修行は意味ない
とにかく初めてしまえば後からノウハウや知識は身につく。就活も一緒!

3.3つの肩書きを持てば価値が1万倍。
肩書きを書いてみる。3つなかったら反省。ほしい肩書きをかく。具体的に。ここは就活の自己分析に活かそう。

4.簡単な仕事は任せる。
タスクを全て書く。誰でもできるものは赤ペンで塗りつぶす。それをやらない方法を考える。

5.企画書やプレゼンは2割は手抜きで。
そして、浮いた時間で新しいことを始める。ワクワクすることなら合コンでもなんでもいい。一度始めたら完了すること。

6.自分の時間を生きてるか。
もし明日から会社(就活、学校)が休みになったら何をやりたいか。1つ浮かべる。そして今日からそれを実行。自分の時間とは自分の意思で、自らのやりたいことをやっている時間のこと。

7.この一年で飽きたことはなにか。
飽きたことを可視化。飽きるというのは慣れたということ。つまり飽きるというのは成長したということ。

8.ワクワクすることに時間をつかってるか。
1日24時間をこと細かに書き出す。ワクワクしないことを赤ペンで塗りつぶす。ワクワクだけで埋め尽くそう。

9.電話はナンセンス

10.付き合わない人を決めることがあなたの生き方を決める。

11.あなたの発言やアイデアに、あなたが知らない人までも熱狂し働く。そういう仕事をするように。

12.疑問が湧いたらその歴史を深く掘って、根幹から理解する。

13.10冊のビジネス書より、一冊の骨太の教養書を読もう。そして具体的に業務に落とし込む。

14.知らないことは恥ではない。質問しまくろう。恥を書けばかくだけ自由になれる。恥ずかしい格好をして街を歩こう。恥ずかしい失敗を話してみよう。自分が他人のことを考えないように人も他人のことで頭をいっぱいにしない。みんな自分が好きだからね。

15.とにかく手をあげよう。
一歩を踏み出すことが大事。

16.昨日と同じ今日を過ごしてないか。
新しいことにワクワクしているか。興味あることに頭がいっぱいになる生き方をしよう。





自分の生き方を見つめ直し深掘りする過程で参考になる良書。



ぜひ。
大島良介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

就活オススメ本まとめ(2019年度新卒)

就活にオススメの本をまとめつつ紹介します!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。