就活オススメ本 『海外に飛び出す前に知っておきたかったこと 小林慎和』


『海外に飛び出す前に知っておきたかったこと 小林慎和 Discover』


本日も就活オススメ本を紹介します。


本書は、シンガポール等でビジネスを行っていた筆者が見て、知って、感じたアジアを教えてくれています。

日本とアジアの教育や、育つ環境の違い、言語の多様性の違いが書かれており、英語が話せないことがどのようにマイナスか分かります。

また、上記のような理由もあり、アジア諸国と日本の企業が全く違うものであるということを、実体験から学ぶことができます。


ここあたりが就活生のオススメなとこ。



また、本書では希望を与える反面、絶望もします。

アジア諸国の子供達は20歳になるまでに英語、母国語、中国語を習得しITにも強いですし、就活では最初から給与交渉。

日本の就活では初任給について面接官と話すことはほとんどありません。すでに決められていることがほとんどです。


さらに、


90年代以降、世界を席巻する日本の企業が出ておらず、今はそれまでの先代の脛をかじっている状態。


日本企業、世界に出ねば。



ほかにも、誰とでもアポイントとることや、英語の習得の仕方、今の若者の現状、全てが大切なことです。

就活生、必読です。



ぜひ。
大島良介。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

就活オススメ本まとめ(2019年度新卒)

就活にオススメの本をまとめつつ紹介します!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。