Behavioral Insights for Japan

知られざる世界の行動経済学ブームについて書いていきます。Harvard Kennedy School在学中。

英国政府発の行動経済学コンサルチームはなぜ成功したのか(その1)

英国版国家戦略室での失敗

2003年のある日。英国首相官邸の戦略ユニットでチーフアナリストを務めるデビッド・ハルパーンは、英国名物ポークパイの写真とともに載ったある新聞記事に関する釈明に追われます。

「戦略ユニット、肥満税を提唱」

ケンブリッジ大学で心理学を教えていたハルパーン氏は、2001年に労働党のブレア政権が立ち上げた戦略ユニット(日本の民主党政権下の国家戦略室のモデル)に参加します。

もっとみる

行動科学を使って良い人材を採用する11のコツ

いくつか並行して記事を書いていたら、本記事を先に書き終えてしまったので、先に上げます。

昨年の8月、英国人材開発協会が、「行動科学チーム」(※後述)の協力を得て、行動科学が採用プロセスにどう影響するかというレポートを出しました。

"A head for hiring: The behavioural science of recruitment and selection"
https://w

もっとみる

車の隙間に入る猫を1匹でも多く救う方法

ちょっと実験的に主旨を変えてます。次からは本題に戻ります。

日産自動車が「猫バンバン」プロジェクトを始動 車の隙間に入り込むネコの命をバンバンして救おう! http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1601/26/news131.html

車に乗る前にボンネットを軽く叩くことによって、猫が車に入り込んだままエンジンをかけることを防ぐための「猫バンバン」を呼びか

もっとみる

なぜ行動経済学か(その3)–ケネディスクールが統計を教えるもう1つの理由

アメリカ人の同級生たちと最近の政治情勢について話すと、だいたい苦虫を潰したような顔になります。

それはこの人のせいです。

http://cdn1.theodysseyonline.com/files/2015/11/22/635838115365780122-901575687_6358235333419573281092854367_donald-trump.jpgより)

共和党の大統領

もっとみる

なぜ行動経済学か(その2)–ケネディスクールが生徒に統計を教える理由

私が昨年受けた必修の統計の授業を担当した先生は、ご両親がスウェーデン人と日本人の、カワイイ系イケメン。

https://www.hks.harvard.edu/about/faculty-staff-directory/david-yanagizawa-drott

教え方も上手で、いろんな意味でファンが多い先生でした。

この統計の授業で最初に示される図が、これです。

横軸が国別のチョコレー

もっとみる