覚えなくていいもの『バイナリーオプション』

バイナリーオプションを勉強していると

かならず書籍、ブログはFX関連のになると思うんですが、

今回は僕が今まで勉強してきて、

あ、これバイナリーオプションを勉強する中でいらないぁ

と思ったものを紹介したいと思います。


目次
1.酒田5法
2.テクニカル指標・オシレーター系
3.ユーチューバー



1.酒田5法


この題名を見て、『えっー!』ってなった方すみません。

酒田五法の中でもいるやつはいるし、いらないやつはいらないって意味です^^;

買いのサイン(底値圏)

陰の陰はらみ
陰の陽はらみ
抱き線(つつみ線)
最後の抱き線
たくり線
陽線五本
三手大黒線
二本の差し込み線
捨て子線
鍋底
放れ五手黒一本底
買いサイン(上昇相場)

二ツ星・三ツ星
押え込み線
差し込み線
上げ三法
上値遊び
上放れタスキ
上放れの並び赤
かぶせ線の上抜き
小幅上放れ黒線
売りサイン(天井圏)

首吊り線
三羽烏
団子天井
捨て子線
陽の陰はらみ
陽の陽はらみ
波高い線
陰線五本
抱き線(包み線)
最後の抱き線
ツタイの打ち返し
売りサイン(下降相場)

バケ線
捨て子線
下げ三法
下値遊び
下放れ二本黒
下放れタスキ
下放れの並び赤
入り首・アテ線
二ツ星・三ツ星

酒田五法って調べたらこのくらいあるのですが

まぁ無駄が多いかな?と思う。

↑の黒で囲っている枠一つに対して1つ2つ使うかな?ぐらいですね。


もちろんかの有名な三山、三川はもちろん必須です!



2.テクニカル指標・オシレーター系

もしあなたが裁量トレードのみで、インジケーターを作ったりしないのであれば

ほとんどいらないと思います。

結局どのインジケーターを使おうが勝率50-60%ぐらいじゃないでしょうか?

あくまでもフィルターぐらいですが

出来高
移動平均乖離率
RSI(MSオリジナル)
RSI
ストキャスティクス
スローストキャスティクス
ストキャスティクス(オリジナル)
MACD
RCI
DMI
強弱レシオ
モメンタム
ROC
サイコロジカルライン
ATR
CCI
ウィリアムズ%R
Aroon-Indicator
Aroon-Oscillator
DPO
UOS
ボラティリティレシオ
標準偏差
標本標準偏差
ボリュームレシオ1
ボリュームレシオ2
レシオケータ
株価移動平均乖離線
新値足
逆ウォッチ曲線
ポイントアンドフィギュア
騰落価格
騰落率
カギ足

移動平均線乖離率とか個人的に面白くて好きですが

結局どれも買われすぎ、売られすぎを判断するもので

バイナリーオプションの裁量トレードをする方にはいらないのかなぁとと思います。

ローソク足を勉強していくと、結局のところ・・・

みたいなのに辿りついちゃいます。^^;


変にインジケーターだけで勝負したら

自分もそうでしたが、RSI80で逆張りしても結局まくられちゃったり

MACDのゴールデンクロスでクロス直後にエントリーしたらクロスほどけたり

結構散々な目に会いました^^;


自動売買を製作される方は一旦全て触ってみた方がいいかもしれないです。


3.ユーチューバー

ユーチューブで動画上げてる方でこれ本物だろなと思うのは

がるちゅーぶ
優しい王様
ニートトレーダー

ぐらいかな?あとはその辺に落ちてるネットの情報を解説してるだけなんで

特に勉強にならないと思います。


しかもその僕が勉強にならなぁと思う方達、大体、オシレーターとか酒田五法とかやってる。笑



皆さんも無駄な勉強はやめましょう。

よかったらフォローお願いします^^

インスタグラム



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアもお願いします!
6

もっとん

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。